「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の版間の差分

Aliwerof (会話) による ID:76904863 の版を取り消し あらすじの節に同様のことが書いてあるので不要
(Aliwerof (会話) による ID:76904863 の版を取り消し あらすじの節に同様のことが書いてあるので不要)
タグ: 取り消し
== 概要 ==
[[パラレルワールド|並列世界]]を舞台にした本格的[[サイエンス・フィクション|SF]][[ファンタジー]]作品<ref name="ナタリー201703">{{Cite web|url=https://natalie.mu/comic/news/224595|title=「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」コミカライズ連載がスタート - コミックナタリー|publisher=株式会社ナターシャ|date=2017-03-14|accessdate=2019-06-04}}</ref>。[[物理]]、[[数学]]、[[哲学]]、[[歴史]]、[[宗教]]などの分野が融合し、ジャンルとしてもSFやファンタジーのみならず、[[オカルト]]、[[恋愛]]、[[ミステリ]]などの要素が混在しており<ref name="電ファミ201812">{{Cite web |author=福山幸司 |date=2018-12-25 |url=https://news.denfaminicogamer.jp/news/181225m |title=Nintendo Switch版『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』の発売日が3月14日に決定。初回特典で『ファミコレACT ユーノの大冒険』が封入 |website=電ファミニコゲーマー |publisher=株式会社ドワンゴ |accessdate=2019-06-04}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://mantan-web.jp/article/20190502dog00m200031000c.html|title=この世の果てで恋を唄う少女YU-NO:伝説のゲームを今、アニメ化する意味 制作の裏側 「可能な限り原作をそのまま描く」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)|publisher=株式会社MANTAN|date=2019-05-03|accessdate=2019-06-04}}</ref>、複雑な世界観だけでなくシナリオ量も膨大で、リメイク制作者によれば通常のADVと比較し4倍相当にあたるとされる<ref name="Asada">{{Cite web|url=http://www.inside-games.jp/article/2016/07/03/100059.html|title=【インタビュー】『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』浅田プロデューサーに開発状況や変更点、そして新要素を訊いた|publisher=iNside|accessdate=2017-03-24|date=2016-07-03|author=栗本浩大}}</ref>。また、[[近親相姦]]や[[カニバリズム]]など倫理的タブーに触れる描写があり、賛否の物議を醸した{{Sfn|辰巳出版(編)|1997|pp=120-121}}<ref name="nlabreview" />。
 
ゲームのプロローグは、主人公の父親で歴史学者の有馬広大が研究旅行中に落石にあい行方不明になったしばらく後から始まる。生存の可能性がなく死亡したと思っていた父から、主人公の元へ小包が届く。その中の手紙には、自分は死んでいないと書かれていた。さらに、「今夜10時に剣ノ岬に来い」と書かれていたが、そこで主人公を待っていたのは不思議な少女との出会いと別れでもあり、父の友人にして共同研究者の龍蔵寺の陰謀、そして奇妙な地震があり主人公が気を失うところでプロローグは終わる。<ref>{{Cite book|title=WeeklytvGamer|date=1997年10月17日|year=19971017|publisher=株式会社アクセラ}}</ref>
 
プレイヤーは主人公たくやとして、死んだはずの父親から届いた小包を切っ掛けに、並列世界を探索して自身の出生の秘密や隠された謎を解き明かす<ref name="プレス201712" />。本編は現代編と異世界編に分けられ、現代編で無数に並列する現代の日本を渡り歩いて「宝玉」と呼ばれるアイテムをすべて集めた後、異世界編に進む仕組みとなっている。
匿名利用者