「バーナード・バルーク」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Bernardbaruch.jpg|200px|right|thumb|バーナード・バルーク(1920年)]]
'''バーナード・マネス・バルーク'''(Bernard Mannes Baruch {{IPA-en|bəˈruːk|}}、[[1870年]][[8月19日]] - [[1965年]][[6月20日]])は[[アメリカ合衆国]]の[[官僚]]、[[政治家]]、[[投資家]]。[[サウスカロライナ州]][[カムデン]]出身の[[ユダヤ系アメリカ人]][[戦争]]を一種の[[公共事業]]と認識している人物で、[[第一次世界大戦]]では[[ウッドロウ・ウィルソン]][[アメリカ合衆国大統領|大統領]]の側近(大統領選挙に協力した見返りとして大統領府へ自由に出入りできる立場)となり、[[:en:War Industries Board|戦時産業局]]長官を務め、当時世界最大の工業国家となったアメリカにおける[[軍産複合体]]の実権を握り<ref>さらには[[パリ講和会議]]代表団[[:en:The Inquiry]]にも参加した。
:Spencer Tucker, Priscilla Mary Roberts ''World War I: A Student Encyclopedia'' ABC-CLIO, 2005 pp.295-296.</ref>、外交分野でも[[ドイツ]]に巨大な賠償金を課した賠償委員会の議長として活躍した。
 
以後もハーディングやクーリッジ、フーバー等の歴代大統領に対し、特別顧問という特権的な肩書きでアメリカの重要政策に関わり続ける事でアメリカの執政に必要なあらゆる政治的ノウハウを学ぶと同時に、重要な政治部門の実力者と個人的なパイプを強化し、実質的に大統領以上の政治的影響力を行使できる立場に立った。
[[ユダヤ人|ユダヤ系]]で[[理学療法]]の先駆者だった南軍軍医総監の[[サイモン・バルーク]]の家庭に生まれる<ref>{{cite news |author= |title=Bernard Baruch's Father Dies in N. Y. |url=https://pqasb.pqarchiver.com/freep/access/1784474822.html?FMT=ABS&FMTS=ABS:AI&type=historic&date=Jun+04%2C+1921&author=&pub=Detroit+Free+Press+(1858-1922)&desc=BERNARD+BARUCH'S+FATHER+DIES+IN+N.+Y.&pqatl=google |quote=Dr. Simon Baruch, noted physician and father of Bernard M. Baruch, financier died at 1:10 this afternoon from an of the lungs complicated by heart disease. |newspaper=[[The New York Times]] |accessdate=2019-06-26 }}</ref>。
''A.A. Housman & Company''(現[[メリルリンチ]])の共同経営者としてキャリアを積んだ。
第一次世界大戦では、ウィルソン大統領の側近として戦時産業局の長官となって[[軍需産業]]を統制し、産業分野から合衆国の戦争を指揮する重要人物となった。戦時産業局は[[パリ講和会議]]の代表団と計画して[[ブルッキングス研究所]]を設立した。[[イギリス]][[フランス]][[ドイツ国|ドイツ]]への賠償要求には反対し、ウィルソンの[[国際連盟]]構想を支持した<ref>Leab, Daniel et al., ed. "The Great Depression and the New Deal: A Thematic Encyclopedia." ABC-CLIO LLC., 2010, p. 11.</ref>。
 
ルーズヴェルト大統領はウィルソン大統領の影響を受けていたため、そのスタッフを自分の顧問にしていた。その中でもバルークはウィルソン時代より確立させた数々の業績によって、その活動内容や権限について議会による掣肘を受けないでいられるきわめて特権的な「影の大統領」とも言うべき立場にあり、事実上のトップ(名目は「私的顧問」でも実質的には「重要政策の指南役」)であったといわれる。
[[第二次世界大戦]]が始まり、軍事物資の供給が滞ったとき、ルーズヴェルトはバルークに助言を求めた。このときバルークは、「内閣レベルで全ての物流を支配し、大統領(の信任を受けた人物)がその全権を掌握するという強大な中央組織の創設」を建言する。
 
この方針に沿った機関の設立が進められ、1942年には彼([[:en:David Niles|David Niles]])が顧問を務める[[:en:War Production Board|ウォー・プロダクション・ボード]](WPB)が組織されるなど、その権限はまさに戦時におけるアメリカの産業戦略の最高責任者といえるものであり、彼はそこで大統領の実質的な代行として内閣レベルで指揮監督される全ての物流統制を統括していた。(ただ、いかに信頼を得ていたとはいえ、彼にゆだねられたその強大すぎる権限は彼の実質的立場が[[ルーズベルト大統領]]をしのいでいた証拠と見る向きもある。)
 
なお、原爆の開発を主導したマンハッタン計画にも関わっており、[[京都府|京都]]への原爆投下を主張していたと言われている。
 
彼がルーズベルト時代に行った数々の”提言”によってアメリカが第二次大戦における”最大の勝者”となったことは紛れも無い事実であるが、同時に[[ソビエト連邦|ソビエト]]の領土拡大を妨げていた[[日本]]とドイツを叩き潰す事で、”ソ連の延命のみならずその勢力伸張を実現させた”ことも確かな事実であり、その戦略全体を見ると、まるで「世界を[[資本主義]][[共産主義]]に二分することで世界規模の冷戦状態を現出させる」という方向性を持っていた。
 
この冷戦が平和時における戦争経済体制の存続につながり、彼の古巣のアメリカ産業界に長期にわたる莫大な軍需をもたらす事になったわけだが、それが成り行き任せの結果だったのか、計算を働かせた上での結果だったのかはついに本人の口から語られることは無かった。
 
== 参考文献 ==
* カーチス・ドール『操られたルーズヴェルト―大統領に戦争を仕掛けさせたのは誰か』
 
== 関連項目 ==