「害獣」の版間の差分

1,021 バイト追加 、 7 か月前
編集の要約なし
 
アイルランド以外のヨーロッパ全域に生息している[[ヨーロッパモグラ]]のように、地下に穴を掘って土壌に酸素を供給したり害虫を抑制する働きが認められていながら、害獣として常に駆除の対象となってきた動物もいる<ref>Tracey Greenwood, Kent Pryor, Richard Allan『ワークブックで学ぶ生物学の基礎 第2版』2011年、251頁</ref>。
 
基本的に獣の側が人間の生息域に出現する事で被害が顕在化することが多いが、[[環境破壊]]により生息地の餌資源不足及び生息地そのものを失うといった事や、[[アライグマ]]、[[マングース]]、[[チョウセンイタチ]]、[[キョン]]のような本来の生息域の存在しない動物([[外来生物]])を人間が持ち込んだ事が要因である場合もあり、その場合は[[人災]]であるともいえる。また、人間の側も山村の[[過疎]]により、獣を撃退する人材不足の為に充分な対処が出来ずに状況が悪化する事も多い
 
日本では、害獣の肉を動物園の大型肉食獣の餌として与える「屠体給餌」が模索されている<ref>{{Cite web|title=ジビエ、野性呼び覚ます 駆除肉を猛獣の餌に 福岡・大牟田市動物園|url=https://mainichi.jp/articles/20190820/k00/00m/040/101000c|website=毎日新聞|accessdate=2020-04-07|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=【ひと】「屠体給餌」に取り組む大牟田市動物園の飼育員 伴和幸さん|url=https://www.nishinippon.co.jp/item/n/572600/|website=西日本新聞ニュース|accessdate=2020-04-07|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=定期開催決定! 駆除されたシカを猛獣に給餌|豊橋総合動植物公園からのお知らせ|豊橋総合動植物公園|url=https://www.nonhoi.jp/news/detail.php?id=496|website=www.nonhoi.jp|accessdate=2020-04-07}}</ref>。飼育動物にとっては環境が自然界に近くなるメリット、人間側にとっては害獣の遺体を焼却や埋没処分する倫理面、そしてハンターの心理的負担面を改善できるメリットがある<ref>{{Cite web|title=動物園のライオンの餌に害獣の駆除個体を与える深い意味(田中淳夫) - Yahoo!ニュース|url=https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20190808-00137542/|website=Yahoo!ニュース 個人|accessdate=2020-04-07|language=ja}}</ref>。
また、人間の側も山村の[[過疎]]により、獣を撃退する人材不足の為に充分な対処が出来ずに状況が悪化する事も多い。
<!-- ==主な害獣==
*[[ニホンジカ]] 農林業・生態系被害
*[[ニホンザル]] 農林業被害
*[[イノシシ]] 農作物被害
*[[ニホンカモシカ]] 林業被害
*[[アライグマ]] 農作物・生態系被害
*[[ヌートリア]] 農作物・生態系被害
*[[ネズミ]] 生活環境被害・農林業被害 -->
 
== 脚注 ==
 
== 関連項目 ==
 
<!-- {{Commonscat|}} -->
* [[衛生害獣]]
* [[害鳥]]
424

回編集