「公安警察」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 日本の公安警察 ==
[[日本]]における公安警察とは[[警察庁]]と[[都道府県警察]]の公安部門を指す俗称で、正式には[[警備警察]]の一部門である{{sfn|大島真生|2011|p=3}}。[[警察庁]][[警備局]]を頂点に、[[警視庁公安部]]・各道府県[[警察本部]][[警備部]][[公安課]]・所轄[[警察署]][[警備課]]公安係などで構成される{{sfn|大島真生|2011|p=3-4}}。公安警察に関する予算は[[国庫]]支弁となっているので、都道府県警察の公安部門は警察庁の直接指揮下にある<ref>[http://gendai.ismedia.jp/articles/-/974?page=3 驚愕の深層レポート 新たなる公安組織< Ⅰ・S >の全貌 前編] [[現代ビジネス]] 2010年08月06日</ref>。
 
[[東京都]]を管轄する警視庁では警備部と別に'''公安部'''として特に独立しており、所属[[日本の警察官|警察官]]約1100名を擁し、都内の所轄警察署警備課と合わせて2000人以上となり、日本の公安警察の中では最大の組織である{{sfn|大島真生|p=19}}。公安総務課が[[日本共産党]]、[[市民活動]]、[[反グローバリゼーション|反グローバリズム]]運動、[[新宗教|新興宗教団体]]などを[[捜査]]対象としているとされ{{sfn|大島真生|2011|pp=23-50}}<ref>[https://biz-journal.jp/2017/07/post_19745_2.html 公安警察大国・日本の誕生…共謀罪で国民への監視・盗聴拡大、でっち上げで誰でも逮捕可能 Business Journal 2017/07/11]</ref>、公安第一課が[[極左暴力集団]]に係る警備情報収集、[[日本赤軍]]情報収集、公安第二課が[[労働紛争]]議、[[過激派]]関係情報収集、公安第三課が[[右翼団体]]に係る警備情報収集、公安第四課が資料統計の管理、外事第一課が[[ロシア]]・[[東ヨーロッパ]]の[[諜報活動|工作活動]]や[[戦略物資]]の[[密輸|不正輸出]][[捜査]]、外事第二課が[[中華人民共和国]]および[[朝鮮民主主義人民共和国]]の工作活動、戦略物資の不正輸出捜査、外事第三課が[[国際テロ]]情報収集、[[公安機動捜査隊]]が事件発生時の証拠保全および捜査活動を行っている<ref>[https://beapoliceman.net/警備部門/ 警備部門 Copyright© 警察官になるには , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.]</ref><ref>[[週刊ダイヤモンド]] 2016 年 7/30 号 [雑誌] (日本の警察) p.55</ref>。
212

回編集