「成長」の版間の差分

編集の要約なし
m ({{節stub}}を{{節スタブ}}に変更 using AWB)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
かつて[[動物]]には「成長」の文字を、[[植物]]には「生長」の文字を使った。これは動物の場合、構造の発達的な面が、特に成体の形への体の完成というように見える点が大きいのに対して、植物の場合には、大きさの増加の面が強く感じられるからである。しかし、現在では両者に対して「成長」を使う場合が多い。
 
⭐︎== 動物の場合 ==
動物の場合の成長は、内部構造の発達、充実と外形の増加が並行的に行われる。この間の成体に向かっての体の構造や機能の変化が大きいものが多い。