「イスラエル・アデサンヤ」の版間の差分

長々とした記載する必要性の薄い発言は不適当なため短くまとめました。ファイトスタイルの項目は個々の試合の詳細ではなくあくまでファイトスタイル全体の記述を
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(長々とした記載する必要性の薄い発言は不適当なため短くまとめました。ファイトスタイルの項目は個々の試合の詳細ではなくあくまでファイトスタイル全体の記述を)
タグ: 取り消し
2019年10月6日、[[UFC 243]]のUFC世界ミドル級王座統一戦で正規王者の[[ロバート・ウィテカー]]と対戦し、1R終了直前に右フックでダウンを奪うと、2Rにスウェーで体をのけぞらせた体勢から、右フックと左フックのカウンターを2発連続でヒットさせダウンを奪い、パウンドでKO勝ち。ミドル級王座統一に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。同大会には57,127人の観衆が集まり、2015年11月14日に同じ[[ドックランズ・スタジアム|マーベル・スタジアム]](当時の名称はドックランズ・スタジアム)で開催された[[UFC 193]]の56,214人を抑えて、UFCの最多観客動員記録を更新した。
 
[[2020年]]3月7日、[[UFC 248]]のUFC世界ミドル級タイトルマッチでミドル級ランキング3位の挑戦者[[ヨエル・ロメロ]]と対戦。5Rを通して双方の手数が少ない凡戦となったものの、的確にローキックをヒットさせ続けたアデサンヤが、3-0(48-47、48-47、49-46)の5R判定勝ちを収め、王座の初防衛に成功した。試合後には消極的な試合だったことを、アデサンヤは「俺はジムで人形をスパーリグパートナーにして戦っていたのだろう期待していただけに本当に奇妙だったよ。こういう奴らは狡猾だし老害だ」「俺は誰もが恐れている奴を指名したんだ。しかし彼の何が怖いんだ?という感じだったね」「本当に厳しい挑戦になると思っていただけに、彼への敬意は間違いなく失ったよ」と、ロメロは「彼は走ってばかりだった。あれはチャンピオンではない」「走る姿が見たいのなら、[[ウサイン・ボルト]]を見に行くべきだ」と互いに非難し合った<ref>[https://www.forbes.com/sites/trentreinsmith/2020/03/08/ufc-248-results-israel-adesanya-lost-respect-for-yoel-romero/amp/ UFC 248 Results: Israel Adesanya Lost Respect For Yoel Romero] Forbes 2020年3月8日</ref><ref>[https://www.bloodyelbow.com/platform/amp/2020/3/8/21170093/ufc-yoel-romero-ufc-248-if-fans-wanted-see-running-theyd-go-see-usain-bolt-israel-adesanya-mma-news Yoel Romero blames Israel Adesanya: He was ‘running’ like ‘Usain Bolt’ at UFC 248] SBNATION 2020年3月8日</ref>。
 
== ファイトスタイル ==
卓越した身体能力に加え、身長193cm、リーチ203cmとミドル級ファイタにしてリの中チが203cm身長も194cmという恵まれた体型を持ち、遠距離と中間距離では長い脚を活かしたハイキックやミドルキック、近距離では膝蹴りを頻繁に用いるまた、キックのみならず、ボクシングの攻防でも無類の強さを誇る。相手の打撃を被弾することも時折みらに優るが突出し並外れた動体視力と反応速度を駆使したスウェーからのカウンター攻撃を得意とする。また、ボクシングの攻防のみならず、蹴り術に優れも得意としており、[[ロバート・ウィテカー]]や[[ケルヴィン・ガステラム]]遠距離中間距離では長脚を活かしストラカータイプのファイターからカウンターのパンチキックやミドルキック、近距離ダウンは膝蹴り奪っている繰り出す。さらに、元プロキックボクサーながら、総合格闘技においても驚異の優れた適応能力を持ちみせ[[ブラッド・タヴァレス]]からは[[足払い]]でテイクダウンを奪った。テイクダウンディフェンス率は85%を誇り、オールアメリカンレスラーであ[[デレク・ブランソン]]の7度にわたるテイクダウンを全て防ぎ、ロブ・ウィルキンソン戦ではローリングを用いてテイクダウンを防いだ
 
==人物・エピソード==