「労働基準」の版間の差分

→‎労働基準に関する法令: パートタイム・有期雇用労働法の改正を反映、船員に関する記述を修正。
(→‎労働基準に関する法令: パートタイム・有期雇用労働法の改正を反映、船員に関する記述を修正。)
*[[育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律|育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(平成3年5月15日法律第76号)]](1991年)(略称:育児介護休業法)
*[[労働時間等の設定の改善に関する特別措置法|労働時間等の設定の改善に関する特別措置法(平成4年7月2日法律第90号)]](1992年)
*[[短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律|(平成5年6月18日法律第76号)]]<ref>令和2年4月1日の改正法施行により、題名が短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(平成5年6月18日略称:パートタイム労働律第76号]]から短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律に改正された。</ref>(1993年)(略称:パートタイム・有期雇用労働法)
*[[労働契約法|労働契約法(平成19年12月5日法律第128号)]](2007年)
*[[過労死等防止対策推進法|過労死等防止対策推進法(平成26年6月27日法律第100号)]](2014年)
労働基準監督機関([[厚生労働大臣]]、[[厚生労働省]]労働基準局長、[[都道府県労働局]]長、[[労働基準監督署]]長、[[労働基準監督官]]等)が監督を行うのは、このうち、労働基準法、最低賃金法、じん肺法、炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法、家内労働法、労働安全衛生法、作業環境測定法、賃金の支払の確保等に関する法律及び自動車運転者の労働時間等の改善のための基準である。外国人技能実習法の履行確保や[[外国人技能実習生]]の保護、援助等については基本的に[[外国人技能実習機構]]が行うが、立入検査等の業務を労働基準監督官が行うこともある。また、労働基準監督機関が特別司法警察権を有するのは、更にこのうち労働基準法、最低賃金法、じん肺法、炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法、家内労働法、労働安全衛生法、作業環境測定法及び賃金の支払の確保等に関する法律だけである。専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法は労働契約法中の無期転換ルールの特例を定める法律であるがその手続は都道府県労働局長が行う。
 
男女雇用機会均等法、育児介護休業法及びパートタイム・有期雇用労働法については、労働基準監督機関ではなく、婦人行政(厚生労働省[[雇用環境・均等局]]及び都道府県労働局雇用環境・均等部(室))が行う。
 
船員法及び船員災害防止活動の促進に関する法律について船員に適用されるものであり[[船員労務官]]が監督を行う。鉱山保安法は鉱山に部分的に適用される労働基準法ととので、[[船員労監督官]]が監督を行う。
 
鉱山保安法は鉱山に適用されるもので、[[鉱務監督官]]が監督を行う。
 
民法及び労働契約法については監督は行われない。労働時間等の設定の改善に関する特別措置法、過労死等防止対策推進法及び建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律は、理念法ないし努力義務を規定した法律であるため、労働基準監督機関はガイドラインその他の周知・啓発を行うものである。労働災害防止団体法は、[[労働災害]]防止のための事業者団体について定めた法律であり、直接労働条件を定める規定は無い。