「河埜和正」の版間の差分

編集の要約なし
m (テンプレートの一部変更)
'''河埜 和正'''(こうの かずまさ、[[1951年]][[11月7日]] - )は、[[愛媛県]][[八幡浜市]]出身の元[[プロ野球選手]]([[内野手]])。
 
実弟は元プロ野球選手の[[河埜敬幸]](元[[福岡ソフトバンクホークス|南海]]、主に[[二塁手]])。2019年現在、日本プロ野球でともに4000打数を達成した唯一の日本人兄弟選手である(他に外国人選手でリー兄弟)。
 
== 経歴 ==
[[愛媛県立八幡浜工業高等学校|八幡浜工業高校]]では2年生の時、{{by|1968年}}秋季四国大会県予選準決勝に進むが、[[愛媛県立八幡浜高等学校|八幡浜高]]の[[藤沢公也]]に完封を喫する。翌{{by|1969年}}夏の県予選でも敗退、甲子園には出場できなかった。
 
同年の[[1969年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト]]6位で巨人に指名され入団。二軍暮らしが長かったが、{{by|1974年}}に[[黒江透修]]に代わり[[遊撃手]]のレギュラーを獲得する。{{by|1977年}}には初めて規定打席に到達(20位、打率.294)し、リーグ2連覇に貢献。同年の[[オリックス・バファローズ|阪急]]との[[1977年の日本シリーズ|日本シリーズ]]第3戦で、延長12回裏に[[山口高志]]からサヨナラ3点本塁打を放ち、同シリーズの敢闘賞を獲得。{{by|1981年}}には開幕から一番打者として起用され、[[松本匡史]]、[[篠塚和典|篠塚利夫]]とともにチャンスメーカーとして活躍、4年振りのリーグ優勝を果たす。同年の[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハム]]との[[1981年の日本シリーズ|日本シリーズ]]でも全試合に先発出場し、21打数9安打3打点を記録。日本一の大きな原動力となり同シリーズの優秀選手賞を得た。その後も{{by|1984年}}まで定位置を守るが、{{by|1985年}}には[[岡崎郁]]にポジションを譲り、{{by|1986年}}限りで引退。巨人では、[[坂本勇人]]<ref>入団当初の背番号は、河埜と同じ61。</ref>に更新されるまで球団最多だった遊撃手出場記録(1370試合)を持っている。
 
{{by|1985年}}[[4月16日]]の対[[阪神タイガース|阪神]]戦([[阪神甲子園球場|甲子園]])の4回裏の守備で、[[佐野仙好]]の放ったなんでもないショートフライをグラブに当てて落球。阪神はこの失策を契機にこの回一挙7得点を挙げて逆転勝利<ref>[https://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20091014/bbl0910141635008-n1.htm 河埜和正のマネできないエピソード]</ref>。翌日の[[バックスクリーン3連発]]と合わせてチームが勢いづき、21年ぶりの優勝に繋がった。河埜はその後も、普段からは考えられないような凡ミスを犯すなど、落球の精神的後遺症といわれるほど失策が続き、遂に二軍降格も経験した<ref>{{Cite web
現役を引退した後はスカウト、コーチを歴任。現在は読売巨人軍「ジャイアンツベースボールアカデミー」(青少年向けの野球教室)校長を務めている。
 
兄弟揃って1000本以上の安打を記録している(同例は他に[[レロン・リー|レロン]]・[[レオン・リー|レオン]]のリー兄弟のみ)。通算成績では弟・敬幸に上回られる項目が多いが(自身が上回ったのは本塁打くらい)、弟が獲得できなかったベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞を1974年に受賞している
 
ニックネームは「'''カメ'''」。これは若手時代、出塁してリードを取った際、自信なさげに首だけ伸ばした姿が亀に似ていたということで当時の首脳陣に命名された。1980年代に入ってからは「'''キャップ'''」とも呼ばれていた<ref>[https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190307-14 「河埜和正 激戦区の内野で唯一の“聖域”を守った“キャップ”/プロ野球1980年代の名選手」] - [[週刊ベースボール]]ONLINE、2019年3月7日配信記事</ref>。
中学時代はバレーボール選手で、高校から硬式野球を始める。現在でも趣味がバレーボールである。
 
類まれな強肩の持ち主で江川卓と[[掛布雅之]]は著書の中で「河埜さんの肩は超一級」と評している。平凡なゴロを失策することもあったが、側転途中のような極端なアクロバット的体勢から難しいゴロを捌く双方の面を持っていた。高校時代からその強肩ぶりは有名で、プロのスカウトが試しに一塁で送球を受けてみたところ、あまりにも高校生離れした送球にグラブが弾き飛ばされたとの逸話がある
 
高校時代からその強肩ぶりは有名で、プロのスカウトが試しに一塁で送球を受けてみたところ、あまりにも高校生離れした送球にグラブが弾き飛ばされたとの逸話がある。
 
[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]の個性派左腕・[[安田猛 (野球)|安田猛]]に滅法強く、カモにしていた。