「烏帽子」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎烏帽子の種類: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[File:Yasaka-jinja 01.jpg|thumb|240px|<div style="text-align:{{center;">|烏帽子</div>}}]]
 
'''烏帽子'''(えぼし)とは[[平安時代]]から[[近代]]にかけて[[和服|和装]]での[[礼服]]着装の際に成人[[男性]]が被った[[帽子]]のこと。
 
== 概要 ==
[[File:Eboshi kabuto 1.JPG|thumb|240px|烏帽子形(えぼしなり)の[[兜]]]]
 
初期は薄い[[絹]]で仕立てたものだったが、のちに黒[[漆]]を塗った[[紙]]製に変わる。庶民のものは[[麻]]糸を織ったものである。衣装の格式や着装者の身分によっていくつかの種類があり、厳格に使い分けた。正装の際にかぶる[[日本の冠|冠]]より格式が落ち、平安から[[室町時代|室町]]にかけては普段着に合わせて着装した。
 
== 烏帽子の種類 ==
[[File:JidaiMatsuri_Shizukagozen.jpg|thumb|240px|'''立烏帽子'''(中央女性の被りもの)と'''張烏帽子'''(周囲に従う男性の被りもの)]]
 
;立烏帽子
:烏帽子の中では最も格式が高い。[[狩衣]](まれに[[直衣]]にも)に合わせ、左右から押しつぶした円筒形。現在も[[神職]]などが着用する。[[金色]]のものは[[祭り]]に参加する[[稚児]]の衣装として現在も見ることができる。艶消しのものは葬祭用とされる。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />