「中小企業退職金共済法」の版間の差分

編集の要約なし
(e-Gov法令検索のURL変更による修正)
編集の要約なし
{{Law}}
{{日本の法令|
| 題名=中小企業退職金共済法|
| 通称=|
| 番号=昭和34年5月9日法律第160号|
| 効力=現行法|
| 種類=[[法律]]|
| 内容=[[中小企業退職金共済]]について|
| 関連=[[確定拠出年金法]]など|
| リンク= [https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=334AC0000000160&openerCode=1 e-Gov法令検索]
|}}
 
'''中小企業退職共済法'''(ちゅうしょうきぎょうたいしょくきょうさいほう)は、[[中小企業]]の従業員について、中小企業者の相互扶助の精神に基き、その拠出による退職金共済制度を確立し、もつてこれらの従業員の福祉の増進と中小企業の振興に寄与することを目的として制定された[[法律]]である。
 
== 構成 ==
*第一章 総則(第1条・第2条)
*第二章 退職金共済契約
*附則
 
== 関連項目 ==
*[[退職金]]
*[[中小企業退職金共済]]