「日本テレビ動画」の版間の差分

編集の要約なし
東京テレビ動画は、引き続き日本テレビ製作のアニメを独占した<ref name="andop68">安藤、2008年、pp.68 - 69</ref>。当時東京テレビ動画は専属の[[アニメーター]]を置かず、外部のスタジオ等と契約して制作していたという<ref name="andop68"/>。フリーの演出家だった富野喜幸(現・[[富野由悠季]])は、当社制作の『[[夕やけ番長]]』で監督としてのデビューを果たしている<ref>安藤、2008年、pp.85 - 86</ref>。『[[赤き血のイレブン]]』の監督を務めた[[岡迫亘弘]]は、「新倉は金払いが悪いことで有名だったから、有名な人やベテランは寄りつかない。だからこそ、逆に新人が活躍できたんだろうね」と述べている<ref>安藤、2008年、p.87</ref>。
 
[[1971年]]には[[新潟市]]にもスタジオを開設するが、[[藤井賢祐|日本テレビと東京テレビ動画の間に金銭的な不祥事]]が起こり、東京テレビ動画は1971年春以降日本テレビから仕事を干されてしまう<ref name="andop69">安藤、2008年、pp.70 - 73</ref>。岡迫の証言によれば、日本テレビ側のプロデューサーである[[藤井賢祐]]が新倉の贈与の見返りに発注していたことが日本テレビに発覚したため、発注がなくなったという<ref name="andop69"/>。なお同時期に放送されていた『[[巨人の星 (アニメ)|巨人の星]]』や『[[タイガーマスク#アニメ|タイガーマスク]]』のアニメ企画が[[キー局]]の日本テレビでは採用されず、代わりに関西の[[準キー局]]の[[讀賣テレビ放送|よみうりテレビ]]で採用されていた背景には、藤井が東京テレビ動画の企画を優先して自局に通す一方で、[[東京ムービー]]や[[東映アニメーション|東映動画]]など他社の企画を門前払い同然で却下していた事情がある<ref>アンド・ナウの会『僕らを育てたシナリオとミステリーのすごい人4 [[辻真先]]インタビュー』2017年8月</ref><ref>{{Cite web|date=2019-11-10|url=https://togetter.com/li/1428466|title=日本テレビの故・藤井賢祐プロデューサーをめぐる1970年代前半のテレビ裏事情について|publisher=[[Togetter]]|accessdate=2019-11-11}}</ref>。
 
その後、代表取締役である新倉は起死回生を狙って[[映画配給|映画配給会社]]との契約未定のまま映画製作に乗り出し、[[谷岡ヤスジ]]原作の[[アニメーション映画|劇場用]][[アダルトアニメ]]『[[ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!]]』を[[角川ヘラルド・ピクチャーズ|日本ヘラルド映画]]の配給で社運を賭けて制作・上映するが、興行は大失敗に終わる<ref name="andop69"/>。
*[[新倉雅美]] - 日放映動画スタジオ、東京テレビ動画、日本テレビ動画代表取締役。 プロデューサーとしての代表作に『[[ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!]]』『[[モンシェリCoCo#テレビアニメ|モンシェリCoCo]]』『[[ドラえもん (1973年のテレビアニメ)|ドラえもん]]』などがある。
*[[吉沢京夫]] - [[演出家]]・[[プロデューサー]]。[[国映]]作品から日本テレビ動画作品まで携わった。
*[[腰繁男]] - [[アニメ監督|アニメ監督・演出家]]。東京テレビ動画の[[アニメーション映画|劇場用作品]]『[[ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!]]』演出助手を務めアニメ業界に入り、1973年に日本テレビ版『[[ドラえもん (1973年のテレビアニメ)|ドラえもん]]』で演出家デビューする。
*[[真佐美ジュン]] - 日本テレビ動画元社員。『[[ドラえもん (1973年のテレビアニメ)|ドラえもん]]』制作主任。当時は下崎闊名義で活動した。
*[[とりいかずよし]] - 漫画家。19歳の時に映画製作の道に進み[[国映]]に入社するが同社が[[テレビアニメ]]事業に乗り出しことで[[日本放送映画]]の専属[[アニメーター]]となる。後に[[スタジオ・ゼロ]]を経て[[赤塚不二夫#フジオ・プロダクション|フジオ・プロダクション]]へ移籍。代表作に『[[週刊少年ジャンプ]]』連載作『[[トイレット博士]]』などがある。