「カモリスト」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''カモリスト'''とは、[[悪徳商法]]等で何度も騙された被害者の名簿の事である。
由来は「脅せば金を出すおいしいカモ」かららしい。
悪質業者にとって[[ベロベロ]]やサブと呼ばれる人はカモリスト化されやすいタイプといえる。
 
カモリストは昔から存在するが、特に[[アポイントメント商法]]、[[デート商法]]、[[内職商法]]、[[架空請求]]、[[振り込め詐欺]]、[[出会い系サイト]]、[[ワンクリック契約|ワンクリック詐欺]]、[[原野商法]]で騙された人の名簿が悪質業者間で高額で取引されている。
 
このようなカモリストにいったん掲載されると悪質業者による[[二次勧誘]]の原因ターゲットになり、カモリスト対象者は[[ベロベロ]]と言い、職場や自宅に毎日勧誘電話が鳴り響いたり、景品または商品が当選した旨のハガキが届くようになる。ただ掲載と言う言葉が正しいかと言うとそうでもなく、自分の母校の[[同窓会名簿]]や、自社の[[社員名簿]]を売っている人種が存在するように、[[訪問販売]]業界は[[業務委託契約社員]]や[[フルコミッション]]の給与体系が多く、金銭的に困った社員が内部資料を持ち出して、資料ブローカーなどに販売しているからこそ何回も電話が掛かってくるのであるのが真実であり、何処かに登録されているわけでもなんでもない
カモリストは不正に流出することがある。[[訪問販売]]業界では[[業務委託契約社員]]や[[フルコミッション]]の給与体系が多く、営業成績が低迷して金銭的に困った社員がカモリストを持ち出して、名簿ブローカーなどに売る流れもあるが、悪質業者が計画倒産したタイミングで、社員がカモリストを持ち出し彼らが新しい会社を設立するときにそのカモリストを再利用する場合がもっとも多い。
世間にはあまり知られていないが、持ち出しが稀に刑事事件にも発展している。
その一方で、自分の母校の[[同窓会名簿]]や、自社の[[社員名簿]]を売っている人種が存在するが、これらの名簿は卒業年とか会社名という属性は同一だが、名簿掲載者全員がカモというわけではない(なかにはクレーマーもいるかも)ので、営業活動に使う名簿としては活用しにくい一面もある。
世間にはあまり知られていないが、名簿の持ち出しが稀に刑事事件にも発展していすることもある。
 
しかし、[[カモリスト]]と言う言葉は、ネット上の掲示板や雑談で使われるようになった[[俗語]]で、訪問販売業界では[[ベロベロ]]の資料、[[ベロベロ]]のリストと愛嬌を伴った言葉しか使われず、[[カモリスト]]などと、得てして人種差別のような呼ばれ方をすることはまず無い。
 
==対処法==
68

回編集