「諏訪貴子」の版間の差分

編集の要約なし
(Normdaten moved to Wikidata)
|署名 =
}}
'''諏訪 貴子'''(すわ たかこ、[[1971年]][[5月10日]]<ref>[http://pub.nikkan.co.jp/uploads/magazine_introduce/pdf_4f61904e24070-4.pdf 諏訪貴子「「今」そして「これから」を常に見据えて」] 『型技術』2012年4月号</ref> - )は、日本の[[実業家]]。[[ダイヤ精機]][[代表取締役社長]]、[[日本郵便]][[取締役]]
 
== 来歴 ==
[[東京都]][[大田区]]出身。1995年4月、[[成蹊大学]]工学部卒業後、[[日立オートモティブシステムズ|ユニシアジェックス]]に入社。エンジニアとして2年間勤務後、1997年出産を機に退職。翌1998年、先代社長の父保雄の要請でダイヤ精機に入社<ref>[http://www.newtopleader.jp/pickup/compete/586/3/ 町工場であり続け、次世代に職人の技を伝えたい(ダイヤ精機株式会社・社長 諏訪貴子氏) ニュートップL. 2013年5月号]</ref>。総務担当時に社長である保雄と経営の考えの相違で、入退社を2回程繰返す。2004年、保雄の逝去を機に32歳で社長に就任。[[2011年]]から[[経済産業省]]・[[産業構造審議会]]の委員を務める。[[2012年]]12月6日、[[日経ウーマン]]主催のウーマン・オブ・ザ・イヤー2013 大賞(リーダー部門)を受賞<ref>『大賞は「町工場の星」諏訪貴子さん ウーマン・オブ・ザ・イヤー』 日本経済新聞、2012年12月6日</ref>。[[2018年]][[日本郵便]]取締役<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXLMSJT60801_V10C18A5000000/ 人事、日本郵便]日本経済新聞(2018/5/15 17:00)</ref>。
 
== エピソード・発言 ==