「五臭化リン」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 カテゴリを含まない記事の作成
 
 
}}
 
'''五臭化リン'''それは化学式[[リン|P]][[臭素|Br]]<sub>5</sub>の鮮やかな黄色の固体であり、固体の場合、それはイオン結晶PBr<sub>4</sub><sup>+</sup>Br<sup>-</sup>であるが、気体状態ではPBr<sub> 3 </sub>とBr<sub>2</sub>に完全に分解されます。このとき、15Kまで急冷すると、イオン性化合物が生成されます[PBr<sub>4</sub>]<sup>+</sup>[Br<sub>3</sub>]<sup>-</sup>。<ref name="无机化学丛书">{{cite book|title=《无机化学丛书》第四卷:氮、磷、砷分族|pages=P235|author=张青莲|isbn=7-03-002238-6|location=北京|publisher=科学出版社}}</ref>
 
有機化学では、[[カルボン酸]]を[[臭化アシル]]に変換するために使用できますされる。腐食性が強く、大切に丁寧な保管してくださいが求められる。100℃以上で分解し、[[三臭化リン]]と[[臭素]]を生成しま<ref>{{Greenwood&Earnshaw}}</ref>:
 
:PBr<sub>5</sub> → [[三臭化リン|PBr<sub>3</sub>]]+[[臭素|Br<sub>2</sub>]]
==脚注==
{{reflist}}
 
{{デフォルトソート:こしゆうかりん}}
[[Category:臭化物]]
[[Category:リンの化合物]]