「ジェームズ・ブキャナン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (→‎内閣: 表をウィキペディア標準のスタイルに変更)
m
| 死亡日 = {{Death date and age|1868|6|1|1791|4|23}}
| 没地 = {{USA1867}} ペンシルベニア州[[ランカスター (ペンシルベニア州)|ランカスター]]
| 出身校 = [[ディッキンソン・カレッジ大学]]
| 政党 = [[民主党 (アメリカ)|民主党]]
| サイン = James_Buchanan_Signature2.svg
[[1799年]]に一家は[[マーセスバーグ (ペンシルベニア州)|マーセスバーグ]]に移り住む。マーセスバーグの家は後にジェームズ・ブキャナン・ホテルとなった<ref>[http://www.jamesbuchananhotel.com/index.php/history James Buchanan Hotel website]</ref>。
 
ブキャナンは村の学校に入学し、その後ペンシルベニア州[[カーライル (ペンシルベニア州)|カーライル]]の{{仮リンク|[[ディッキンソン・カレッジ|en|Dickinson College}}大学]]に進学した。不品行な振る舞いで放校されそうになったが、第二のチャンスを嘆願し、その後1809年9月19日に抜群の成績で卒業した<ref>[[#Klein|Klein (1962)]], pp. 9-12.</ref>。同年彼はペンシルベニア州[[ランカスター (ペンシルベニア州)|ランカスター]]へ転居し法律を学び、[[1812年]]に法曹界入りした。彼は熱心な[[連邦党]]員として、当初は[[米英戦争]]に反対した。しかしながらイギリス軍がメリーランド州に侵入すると、彼は志願兵として竜騎兵部隊に加わり、[[ボルチモア]]防衛戦に参加した<ref>[[#Baker|Baker (2004)]], p. 18.</ref>。
 
ブキャナンは生涯を通じて活発な[[フリーメイソン]]のメンバーであり、ランカスターの第43ロッジのマスターであった。また、ペンシルベニアのグランドロッジの副[[グランドマスター (フリーメイソン)|グランドマスター]]でもあった<ref>[[#Klein|Klein (1962)]], p. 27.</ref>。