「パフラヴィー語」の版間の差分

→‎top: 読み
(→‎top: 読み)
{{出典の明記|date=2016年8月21日 (日) 08:21 (UTC)}}
'''中期ペルシア語'''(ちゅうきペルシアご)または'''パフラヴィー語'''(パフラヴィーご)は、主に[[3世紀]]から[[7世紀]]にかけてのペルシア語(主に文語)を指す呼称である。[[サーサーン朝]]ペルシアの公用語として、碑文や[[ゾロアスター教]]の文献などに用いられた。また、[[マニ教]]の文献にも用いられた。
 
==概要==