「春日駅 (北海道)」の版間の差分

m
style
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
m (style)
|備考 = 富内線廃線に伴い廃駅
}}
[[ファイル:Kasuga(Hokkaido) eki.jpg|right|thumb|1975年の春日駅と周囲約500m範囲。右下側が日高町方面。鵡川寄りにコンクリート製のホームが見え、駅舎側は1983年(昭和58年)には既に日高町側が切られて引込線化されていた<ref name="bunken1983">書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』([[小学館]]、[[1983年]][[7月]]発行)106ページより。</ref>。{{国土航空写真}}]]
 
'''春日駅'''(かすがえき)は、[[北海道]]([[胆振支庁]])[[勇払郡]][[鵡川町]]字春日(現・[[むかわ町]])にかつて設置されていた、[[日本国有鉄道]](国鉄)[[富内線]]の[[鉄道駅|駅]]([[廃駅]])である。[[電報略号 (鉄道)|電報略号]]は'''スカ'''。富内線の[[廃線]]に伴い、[[1986年]](昭和61年)[[11月1日]]に廃駅となった。
* [[1960年]](昭和35年)[[4月1日]] - [[日本の鉄道駅#業務委託駅|業務委託]]化。
* [[1977年]](昭和52年)[[2月1日]] - 貨物・荷物の取り扱いを廃止。
* 時期不詳<ref group="注" name="ekigyoumu">1983年(昭和58年)時点では既に無人駅となっている(書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』([[小学館]]、[[1983年]][[7月]]発行)106ページより。)。</ref> -無人駅([[日本の鉄道駅#簡易委託駅|簡易委託]]駅)化(駅前の商店)<ref name="bunken2000H"/>。
* [[1986年]](昭和61年)[[11月1日]] - 富内線の全線廃止に伴い、廃駅となる。
 
== 駅構造 ==
廃止時点で、[[島式ホーム]](※片面使用)1面1線を有する[[地上駅]]であった。ホームは。線路の東側(日高町方面に向かって左側)に存在した<ref name="bunken1983"/>。かつては島式ホーム1面2線を有する。[[列車交換|、列車交換]]可能な[[交換駅]]であった。使われなくなった駅舎側の1線は、交換設備運用廃止後も鵡川方の[[分岐器|転轍機]]及びホーム端までの線路が[[停車場#側線|側線]]として残っていた(但し1983年(昭和58年)時点では転轍機の先、ホームに至る間の部分に[[車止め]]が設置されていた<ref name="bunken1983"/>)。
 
[[無人駅]](簡易委託駅)となっており、[[日本の鉄道駅#有人駅|有人駅]]時代の駅舎は改築され、[[日高本線]][[豊郷駅 (北海道)|豊郷駅]]、[[清畠駅]]と同型の駅舎となっていた<ref name="bunken2011H82,95">書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、[[北海道新聞社]]、[[2011年]][[9月]]発行)82,95ページより。</ref>。駅舎は構内の東側に位置し、ホームから少し離れていた。駅自体は完全無人であるが、駅前の商店で[[乗車券#鉄道|乗車券]]を取り扱う[[日本の鉄道駅#簡易委託駅|簡易委託駅]]となっていた<ref name="bunken2000H">書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』([[JTBパブリッシング]]、[[2000年]][[1月]]発行)64-65ページより。</ref>。
 
== 駅名の由来 ==
* [[北海道道74号穂別鵡川線]]
* [[北海道道983号米原田浦線]]
* [[鵡川]]<ref name="bunken1980M">書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、[[1980年]][[3月]]発行)11ページより。</ref>
 
== 駅跡 ==
1999年(平成11年)時点では駅舎、ホーム、[[駅名標]]が残存していた<ref name="bunken2000H"/>。また簡易委託を受託していた駅前商店には当時の看板、時刻表、運賃表が保存されていた<ref name="bunken2000H"/>。2011年(平成23年)時点では旧駅施設については同様で、駅舎はバスの待合所として再利用されている<ref name="bunken2011H82-84">書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、[[北海道新聞社]]、[[2011年]][[9月]]発行)82-84ページより。</ref>。駅名標は塗り直されている模様であった<ref name="bunken2011H82-84"/>。
 
== 隣の駅 ==
{{Reflist|group="注"}}
=== 出典 ===
{{reflistReflist}}
 
== 関連項目 ==