「アドボケイト」の版間の差分

m
style
m編集の要約なし
m (style)
{{Rough translation|英語}}
'''アドボケイト'''({{lang-en|Advocate}}、アドヴォケイト、[[アドボケート]]等々)とは、語源の「'''''[[アドボカタス]]'''''」から派生した言葉で、日常用語として「[[アドボカシー]]」と同様に「擁護・代弁」「支持・表明」「唱道」なども(動詞でもあり名詞でもある)意味するが、イギリスなど[[英米法]]([[コモン・ロー]])諸国においては、法律の分野における「'''[[弁護士]]'''」または関連非[[プロフェッショナル]]のことを指す<ref name=":0" />。
 
[[法系|各国の法制度]]においては、この法律用語は多少異なる意味で使用されている。[[イングランド法]]を元にした区域では、大まかに[[法廷弁護士|'''法廷弁護士'''(barrister)]]や[[事務弁護士|'''事務弁護士'''(solicitor)]]を指す。ただ、[[スコットランド法|スコットランド]]、南アフリカ 、イタリア、[[フランス法|フランス]]、スペイン、ポルトガル、スカンジナビア、ポーランド、南アジア、南アメリカの国々では、「アドボケイト」は「'''上級弁護士'''」のことを指している<ref name=":0">An advocate would be the most essential part of the European jurisdictions (law n. 133), [http://jus2.uol.com.br/doutrina/texto.asp?id=6208 Jus Navigandi] {{Webarchive|url=https://web.archive.org/web/20090201105741/http://jus2.uol.com.br/doutrina/texto.asp?id=6208|date=February 1, 2009}}, [http://sisnet.aduaneiras.com.br/lex/doutrinas/arquivos/advocacia.pdf FERREIRA, Éder] {{Webarchive|url=https://web.archive.org/web/20160304035229/http://sisnet.aduaneiras.com.br/lex/doutrinas/arquivos/advocacia.pdf|date=March 4, 2016}}, pesquisados em 7 de abril de 2008</ref>。いくつかの言語では、"Advocate"を、" Adv." とし、爵位のように法の分野での敬称となる。例えば、アルベリコ・ジェンティリ卿('''Adv.''' Sir Alberico Gentili)<ref>{{Cite web|url=http://www.ilcorrieredispagna.com/si-agli-abogados-in-italia-ma-anche-in-spagna-ormai-e-piu-difficile-ottenere-il-titolo/10655/|title=Si agli “abogados” in Italia ma in Spagna ormai è più difficile ottenere il titolo.|publisher=|archiveurl=https://web.archive.org/web/20150512063401/http://www.ilcorrieredispagna.com/si-agli-abogados-in-italia-ma-anche-in-spagna-ormai-e-piu-difficile-ottenere-il-titolo/10655/|archivedate=2015-05-12|accessdate=2015-05-12}}</ref> となる。
 
より日常的な意味としては、上述の「擁護」や「支持」「代弁」「唱道」、政治家からの(代議員として期待される)「支援」、「他の誰かを助けるために声を上げる事」などを指す。
 
== イギリスとその島々 ==
 
=== スコットランド ===
 
==== アドボケイトの団体 ====
[[ファイル:Quentin_Massys_007.jpg|サムネイル| 16世紀の'''アドボケイト'''。 ]]
アドボケイトは[[エディンバラ|エジンバラ]]のアドボケイト協会(the Faculty of Advocates)によって運営管理される。協会には約750人の会員が所属しており、そのうち約460人がアドボケイトを実務として行っている。約75人は女王の諮問会議(Queen's Counsel)のメンバーである。協会は、会長、副会長、会計、書記官と共に[[秘密投票|秘密投票で]]毎年選出されている。
 
アドボケイトはかつら、白い蝶ネクタイ、ストラップおよびガウンを裁判所の服装として着用する。
 
==== アドボケイトになる ====
アドボケイトになる過程は「''悪魔''(devilling)」と呼ばれ、教師役は「悪魔の主(devilmaster)」すべての新入生はスコットランドの弁護士、すなわち[[学士(法学)|法学]]学士号および法実務の卒業証書を取得し、弁護士としての資格を得るために必要な2年間の研修を修了している必要がある。それ以外の場合は、他の[[コモン・ロー]]管轄の[[弁護士会|弁護士会(バー)]]メンバーになる。
 
===== アドボケイトへ加入 =====
 
== 北欧諸国 ==
[[北欧|北欧諸国]]には統一された法律専門職があり、法廷で弁護する弁護士とそうでない弁護士を区別していない。アドボケイトの称号で公認を得るためには、候補者は合法的な学位を持っている必要がある。認定大学で5〜6年間の法学を学び、さらに資格のあるアドボケイトの後援を受けて(2〜5年間)働いており、法廷での経験も必要である。資格がある場合、候補者は''アドボケイト''として免許証を取得することができる。これは弁護士と呼ばれるのと同等である。[[北ゲルマン語群|スカンジナビア]]すべての[[北ゲルマン語群|言語]]、称号は「''advokat''」である。
 
しかし、必ずしも北欧諸国すべてに同様に適用されるわけではなく、ノルウェーでは、例えば適切な法律の学位を持っている人は、代わりに登録された法律顧問( ''rettshjelper'' )として法律を実践することができ、アドボケイトの肩書きと同じ権利をもつ。
 
英語では、北欧の''「advokat」の''称号は「barrister」、 「lawyer」、「attorney-at-law」すべて同義的に弁護士の意味で翻訳されることになる。
 
== 脚注 ==
== 関連項目 ==
{{div col|3}}
* [[アドボカタス]]
* [[事務弁護士|ソリシター(Solicitor)]]
* [[法廷弁護士|バリスター(barrister)]]
* Solicitor-Advocate
* Advocate General
* Judge Advocate General
* Lawspeaker
* Jurist
* [[弁護士]]
* [[オンブズマン]]
* [[アドボカシー]]
* [[悪魔の代弁者]]
 
== 外部リンク ==
* [http://www.learningthelaw.in/2017/02/roles-and-responsibilities-of-advocate.html 法廷における擁護者の役割と責任]
* [http://www.advocates.org.uk/ 擁護学部公式ウェブサイト]
* [http://www.legalserviceindia.com/lawyers/lawyers_home.htm インドの弁護士協会]
* [http://www.alaki.fi フィンランドの弁護士協会]
* [http://4jags.com/top-15-lawyers-in-lahore-2017-list-of-best-lawyers-in-pakistan/ パキスタンの弁護士学部]
 
{{デフォルトソート:あとほけいと}}