「地下鉄サリン事件」の版間の差分

→‎自衛隊: 同じ内容を繰り返していたので整理
(1989 によってCommonsから削除された Tobu_21811f_Minami-Kurihashi_20170302.jpg を除去。理由: Copyright violation; see Commons:Licensing (F1).)
(→‎自衛隊: 同じ内容を繰り返していたので整理)
この事件は、目に見えない毒ガスが地下鉄で同時多発的に散布されるという状況の把握が非常に困難な災害であり、[[トリアージ]]を含む現場での[[応急救護]]活動や負傷者の搬送、消防・救急隊員などへの二次的被害の防止といった、[[救急救命活動]]の多くの問題を浮き彫りにした。
 
=== 自衛隊 ===
[[陸上自衛隊]]では、警察に強制捜査用の[[化学防護服]]や機材を提供していた関係上、初期報道の段階でオウムによるサリン攻撃であると直ちに判断。事件後地下鉄内に残されたサリンの除去に、創設後初めて陸上自衛隊大宮化学学校教官と、化学防護小隊が当たった。事件発生29分後には[[自衛隊中央病院]]などの関係部署に出動待機命令が発令され、化学科職種である第1・第12師団司令部付隊(化学防護小隊)、[[中央特殊武器防護隊|第101化学防護隊]]、及び[[陸上自衛隊化学学校]]から教官数人が、事件後地下鉄内に残されたサリンの除去のため専門職として部隊創設後初めて実働派遣された。
 
そのうち第1師団において、午後12時50分鈴木東京都知事から陸上自衛隊第1師団長、杉田明傑陸将に対し「地下鉄霞ヶ関駅構内の有毒ガス除去のため自衛隊の災害派遣」を要請。