「蚊取線香」の版間の差分

== 使用法 ==
[[ファイル:Brandende katori senkō, -18 juli 2004 a.jpg|thumb|燻る様子]]
渦巻型の蚊取線香は中心部分を金属製でY字型の突起になっている線香立に固定して用いられることが多く、使用している際には[[灰]]が落ちるので、その受け皿として、金属製の線香皿や陶製の[[蚊遣器]](かやりき)が用いられる。また、このようなY字型の線香立ではなく、耐熱性の[[ガラス繊維]]に直接載せて用いる線香皿もある。
 
蚊取り線香が複数枚封入されている製品には、金属製の線香立や金属製の線香皿を封入している。金属缶の蓋を裏返すと中心部分に直接Y字型の突起が取り付けられており、これを引き起こして線香皿として使用できるようにした製品や、金属缶の蓋部分に耐熱性綿状のガラス繊維が敷かれており、そのまま線香皿として利用できるようにした製品もある。また、陶製の蚊遣器には代表的なものとして、[[ブタ]]を模した'''蚊遣豚'''(かやりぶた)があり、夏の風物詩となっている。
 
また、[[キャンプ]]や野外作業など、屋外での利用を想定した吊り下げ方式(フック付き)の線香皿もある。フックは線香皿の外周についており、吊るすときは線香が垂直になるので、ガラス綿に載せた上から金網で押さえて固定する。
 
これらの用具を用いることで、燃焼を伴う製品ながら安全に使用できる。