「クロノス」の版間の差分

インフォボックス追加
(Otheruseslistから-1。ヘルプ位置。)
(インフォボックス追加)
{{Otheruseslist|'''[[ギリシア神話]]の農耕の神'''|時間の神|クロノス (時間の神)|その他|クロノス (曖昧さ回避)}}
{{Infobox deity
[[ファイル:The Mutiliation of Uranus by Saturn.jpg|thumb|390 px|[[ジョルジョ・ヴァザーリ]]の描いた、クロノスとウーラノス]]
| type = Greek
| name = クロノス<br/>Κρόνος
| image = Cronos (Saturnus). - Engravings on Wood.jpg
| image_size = 150px
| caption =
| deity_of = {{small|大地および農耕の神}}
| birth_place =
| death_place =
| cult_center =
| affiliation = [[ティーターン]]
| abode =
| weapon = アダマスの鎌([[ハルパー]])
| symbol = ハルパー
| consort = [[レアー]]
| parents = [[ウーラノス]], [[ガイア]]
| siblings = [[オーケアノス]]、[[クレイオス]]、[[ヒュペリーオーン]]、[[イーアペトス]]、[[コイオス]]、[[テイアー]]、レアー、[[テミス]]、[[ムネーモシュネー]]、[[ポイベー]]、[[テーテュース]]
| children = [[ヘスティアー]]、[[デーメーテール]]、[[ヘーラー]]、[[ハーデース]]、[[ポセイドーン]]、[[ゼウス]]
| mount =
| Roman_equivalent = [[サートゥルヌス]]
| festivals =
}}
'''クロノス'''({{lang-grc-short|'''Κρόνος''', ''Kronos''}})は、[[ギリシア神話]]の大地および農耕の[[神]]である。山よりも巨大な巨神族[[ティーターン]]の長であり、[[ウーラノス]]の次に全宇宙を統べた二番目の神々の王でもある。万物を切り裂くアダマスの鎌を武器とする。[[ゼウス]]の父親としてもよく知られており、ティーターン神族を率いて[[オリンポス山|オリュンポス]]の神々と全宇宙を揺るがす大戦争を行った。
 
 
== ギリシア神話 ==
[[ファイル:The Mutiliation of Uranus by Saturn.jpg|thumb|390 px|[[ジョルジョ・ヴァザーリ]]の描いた、クロノスとウーラノス]]
[[ヘーシオドス]]の『[[神統記]]』によれば[[ウーラノス]]と[[ガイア]]の息子で[[ティーターン]]の末弟<ref>ヘーシオドス『神統記』133-138。[[アポロドーロス]]『[[ビブリオテーケー]]』1巻1・3。</ref>。[[レアー]]の夫であり、[[ハーデース]]、[[ポセイドーン]]、[[ゼウス]]および[[ヘーラー]]、[[ヘスティアー]]、[[デーメーテール]]の父でもある<ref>ヘーシオドス、453 - 458。アポロドーロス、1巻1・5。</ref>。また、愛人である[[ニュンペー]]の[[ピリュラー]]との間に半人半馬の賢者[[ケイローン]]をもうけた<ref>[[ロドスのアポローニオス]]『アルゴナウティカ』2巻1231 - 1241。アポロードロス、1巻2・4。[[ヒュギーヌス]]『ギリシア神話集』序文、138。</ref>。