「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の版間の差分

(→‎あらすじ: 「導入型」のあらすじを尊重しつつ、シリーズ屈指の人気作ですので、その所以をごく抽象的に引用・説明してみました。その他、いくつか表記を修正しました。)
「とらや」に久々に帰って来た寅次郎は、満男の小学校入学祝いの席上、また内輪ゲンカをして家を飛び出す。駅前の焼き鳥屋で飲んでいたところ、みすぼらしい老人(宇野重吉)が無銭飲食を店員にとがめられるのを見た。かわいそうに思って支払いを肩代わりして、別の店で二人で飲んだ後、家につれて帰る。
 
とらやに一晩泊まり、宿屋と間違えた老人は、おいちゃん、おばちゃんたちに横柄な態度を取りひんしゅくを買う。家族に苦情を言われた寅次郎に説教された老人は、「おわびだ」といって紙に筆で落書きしたものを渡す。寅次郞は、老人に「持ってけば、いくらかになるから…」と指定された[[神田神保町|神保町]]の古本屋に出かけ、半信半疑でその紙切れを店の主人(大滝秀治)に見てもらったところ、「7万円で譲って欲しい」と言われ、腰を抜かす。実はこの老人こそ、日本[[画壇]]を代表する池ノ内青観画伯だったのだ。
 
間もなくとらやの連中とひともんちゃく起こして旅に出た寅次郎は、播州龍野で池ノ内画伯と再会する。そして、画伯に請われるかたちで、ある宴席で杯を傾けた寅次郎は、そこで、「ぼたん」という名の美しい芸者(太地喜和子)に出会い、親しくなる。後日、上京してとらやを訪れたぼたんは、悪い男に200万円を騙し取られたことを寅次郎に告白する。義侠心に燃えた寅次郎が立ち上がるのだが。
匿名利用者