「山井湧」の版間の差分

家系・親族を補記
(家系・親族を補記)
1942年[[学徒出陣]]のため東京帝国大学支那哲学科を繰り上げ卒業、戦後長く特別研究生、中国哲学研究室助手を務め、1962年[[中央大学]][[助教授]]、1964年東京大学[[文学部]]助教授、1971年[[教授]]、1981年定年退官、[[大東文化大学]]教授。[[明]]末・[[清]]初の思想を研究し中国近世への過渡期の特徴を把握した。
 
江戸時代[[荻生徂徠]]の弟子[[山井崑崙]]の末裔、東京帝国大学教授(中国文学)[[塩谷温]]の甥に当たる。
 
== 著書 ==
132

回編集