「アルフォンソ1世・デステ」の版間の差分

編集の要約なし
(grave)
{{基礎情報 君主
[[ファイル:Bemberg Fondation Toulouse - Portrait d'Alphonse dEste - Titien Inv.1053.jpg|200px|thumb|right|アルフォンソ1世・デステ像、[[ティツィアーノ・ヴェチェッリオ|ティツィアーノ]]画]]
| 人名 = アルフォンソ1世・デステ
| 各国語表記 = Alfonso I d'Este
| 君主号 = [[モデナ=レッジョ公国|モデナ=レッジョ公]]<br>[[フェラーラ]]公
| 画像 = Bemberg Fondation Toulouse - Portrait d'Alphonse dEste - Titien Inv.1053.jpg
| 画像サイズ =
[[ファイル:Bemberg| Fondation画像説明 Toulouse - Portrait= d'Alphonse dEste - Titien Inv.1053.jpg|200px|thumb|right|アルフォンソ1世・デステ像、[[ティツィアーノ・ヴェチェッリオ|ティツィアーノ]]画]]
| 在位 = [[1505年]] - [[1534年]]
| 戴冠日 =
| 就任式 =
| 祝祷式 =
| 即位式 =
| 別号 =
| 配偶号 =
| 在位2 =
| 戴冠日2 =
| 配偶別号 =
| 全名 =
| 出生日 = {{生年月日と年齢|1476|7|21|no}}
| 生地 =
| 死亡日 = {{死亡年月日と没年齢|1476|7|21|1534|10|31}}
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 継承者 =
| 継承形式 =
| 配偶者1 = [[アンナ・マリーア・スフォルツァ]]
| 配偶者2 = [[ルクレツィア・ボルジア]]
| 子女 = [[#家族|一覧参照]]
| 王家 = [[エステ家]]
| 王朝 =
| 王室歌 =
| 父親 = [[エルコレ1世・デステ]]
| 母親 = レオノーラ・ダラゴーナ
| 宗教 =
| サイン =
}}
[[ファイル:02 Corpus Domini Ferrara - Sala del Coro o sala delle Clarisse - Tombe estensi.jpg|200px|thumb|right|アルフォンソ1世とルクレツィア・ボルジアの墓碑]]
'''アルフォンソ1世・デステ''' ('''Alfonso I d'Este''', [[1476年]][[7月21日]] - [[1534年]][[10月31日]])は、[[モデナ=レッジョ公国|モデナ=レッジョ公]]、[[フェラーラ]]公。[[コンドッティエーレ]]。[[カンブレー同盟戦争]]で活躍した。[[エルコレ1世・デステ]]と妃レオノーラ・ダラゴーナの長子。姉は[[ルネサンス]]の華と謳われた[[イザベラ・デステ|イザベッラ]]、[[ベアトリーチェ・デステ|ベアトリーチェ]]である。
 
== 生涯 ==
'''アルフォンソ1世・デステ''' ('''Alfonso d'Este''', [[1476年]][[7月21日]] - [[1534年]][[10月31日]])は、[[フェラーラ]]公。[[コンドッティエーレ]]。[[カンブレー同盟戦争]]で活躍した。[[エルコレ1世・デステ]]と妃レオノーラ・ダラゴーナの長子。姉は[[ルネサンス]]の華と謳われた[[イザベラ・デステ|イザベッラ]]、[[ベアトリーチェ・デステ|ベアトリーチェ]]である。
 
[[1505年]]に公位を継承した直後、実弟フェランテと異母弟ジューリオが、アルフォンソ1世ともう1人の弟イッポーリト[[枢機卿]]に対してたくらんだ陰謀に直面した。[[1506年]]9月、[[不敬罪]]の容疑で2人を捕らえて死刑を宣告したが、彼らを絞首刑にするところを変え、終身刑とした。2人はトッレ・ディ・レオニの2つの独房に分けて幽閉された。フェランテは34年後に独房で死に、ジューリオは53年もの幽閉ののち赦免され解放された。釈放後、ジューリオはフェッラーラの街頭で時代遅れの衣服を嘲笑されたという。