「教会憲章」の版間の差分

修正
m (→‎成立過程: 誤字の修正)
(修正)
 
'''教会憲章'''』(きょうかいけんしょう、[[ラテン語]]:''Lumen Gentium)'Gentium''[[カトリック教会]]の[[公会議]]である[[第2バチカン公会議]]で発表決議された会議文書の一つ。多くの公会議文書の中でもっとも重要なものである憲章はこの『教会憲章』を含めて四つである。本文書は公会議における投票で賛成2151票、反対5票で可決され、[[教皇]][[パウロ6世_(ローマ教皇)|パウロ6世]]の認可を受けて[[1964年]][[11月21日]]に公布された。
 
カトリック教会の公文書のつねとして、『教会憲章』も正文である[[ラテン語]]本文冒頭の二語をとってタイトル愛称としている。それが「ルーメン・ジェンィウム(Lumen Gentium)(Lumen Gentium) であり、直訳すると「諸の光」である。
 
==内容==