「降旗康男」の版間の差分

*降旗とのコンビで「[[冬の華]]」「鉄道員」など数々の作品を作り上げた[[高倉健]]は、寡黙で撮影現場ではほとんど声を張り上げて指示を出さない降旗に対し、コンビを組むことの多いカメラマンの[[木村大作]]が大変なおしゃべりで現場を仕切るため、初めて呼ばれる役者は木村が監督だと勘違いすることもしばしばあると、自身のエッセイ「あなたに褒められたくて」でユーモラスに紹介していた。一見すると頼りないようにも思えるが、木村のような個性の強いカメラマンに撮影された作品でも、必ず降旗の個性の出た降旗作品に仕上がる。と語っている。
*[[1978年]]には、東映の[[吉川進]][[映画プロデューサー|プロデューサー]]から「『[[スパイダーマン (東映)|スパイダーマン]]』の監督をやってみないか?」と声をかけられたことがあり、しばらく後になって「いつになったら俺に『スパイダーマン』を監督させてくれるんだ」と意外な返答をしたこともあったという<ref>スパイダーマン 東映TVシリーズDVD-BOX付録冊子「スパイダーマン大検証」</ref>。
*父は[[自民党]][[衆議院議員]]、[[第2次吉田内閣]]の[[逓信大臣]]、松本市長を務めた[[降旗徳弥]]<ref>[http://www.fukashi-alumni.org/column/2017/05/115.html 【第115号】降旗康男監督の高校時代]</ref>。しかし康男自身は、[[日本共産党]]の[[シンパ|支持者]]として知られていた。
 
== 監督作品 ==