「利用者:More blessing/sandbox」の版間の差分

編集の要約なし
== キャスト ==
{{基礎情報 君主
※括弧内は日本語吹替
| 人名 = ヘロデ・アルケラオス
| 各国語表記 = אגריפס
| 君主号 =
| 画像 = Herod Archelaus.jpg
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 在位 = [[37年]] - [[44年]]
| 戴冠日 =
| 別号 =
| 全名 =
| 出生日 = [[紀元前10年]]前後<ref name="アグリッパの生涯">ヨセフスの『ユダヤ古代誌』第XIX巻8章2節(通算350節)にはアグリッパ1世の死について触れ「(死亡年は)クラウディウス皇帝の治世3年目(西暦では44年)」「54年間にわたる生涯を終えた」という趣旨の記述がある。([[#ヨセフス2000-3|(ヨセフス2000-3) p.231]])</ref>
| 生地 =
| 死亡日 = [[44年]]<ref name="アグリッパの生涯"/>
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 = キュプロス<ref name="ヘロデ家の系譜">『ユダヤ古代誌』第XVIII巻5章4節(通算130-142節)<br>([[#ヨセフス2000-3|(ヨセフス2000-3) p.53-56]])</ref>
| 配偶者2 =
| 子女 = [[アグリッパ2世]]<br>ドルソス(早世)<br>[[ベレニケ (アグリッパ1世の娘)|ベレニケ]]<br>マリヤムメ<br>ドゥルシラ<ref name="ヘロデ家の系譜"/>
| 王家 =
| 王朝 = [[ヘロデ朝]]
| 王室歌 =
| 父親 = {{仮リンク|アリストブロス4世|en|Aristobulus IV|label=アリストブロス}}<ref name="ヘロデ家の系譜"/>
| 母親 = {{仮リンク|ベレニケ (サロメの娘)|en|Berenice (daughter of Salome)|label=ベレニケ}}<ref name="ヘロデ家の系譜"/>
| 宗教 =
| サイン =
}}
[[File:Herod Archelaus.jpg|300px|thumb|[[Herodian coinage|ヘロデ・アルケラオスのコイン]]]]
'''ヘロデ・アルケラオス''' ({{Lang-el|Ἡρώδης Ἀρχέλαος}}, ''Hērōdēs Archelaos''; 23 BC &ndash; c. 18 AD) は統治者である。<ref>[[Josephus]], ''[[Antiquities of the Jews|Antiquities]]'' (book 17, chapter 11, verse 4).</ref><ref>{{cite book|last1=Shatzman|first1=Israel|title=The Armies of the Hasmonaeans and Herod: From Hellenistic to Roman Frameworks|date=1991|publisher=Mohr Siebeck|isbn=978-3161456176|page=129|url=https://books.google.co.uk/books?id=XniFgiw15zQC&pg=PA129&dq=Herod+Archelaus+KIng&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwifjozfz7LPAhXKXhoKHQo6ARcQ6AEILTAD#v=onepage&q=Herod%20Archelaus%20KIng&f=false|accessdate=28 September 2016}}</ref> of [[Samaria]], [[Judea]], and Idumea (biblical [[Edom]]), including the cities [[Caesarea Maritima|Caesarea]] and [[Jaffa]], for a period of nine years<ref>[[Josephus]], ''[[Wars of the Jews]]'' (book 2, chapter 7, verse 3).</ref> (c. 4 BC to 6 AD). Archelaus was removed by Roman Emperor [[Augustus]] when [[Iudaea Province|Judaea province]] was formed under direct Roman rule, at the time of the [[Census of Quirinius]]. He was the son of [[Herod the Great]] and [[Malthace]] the Samaritan, and was the brother of [[Herod Antipas]], and the half-brother of [[Herod II]]. Archelaus (a name meaning "leading the people") came to power after the death of his father Herod the Great in 4 BC, and ruled over one-half of the territorial dominion of his father.
 
=== 米軍軍人 ===
* [[ジョン・ブラッドリー|ジョン・“ドク”・ブラッドリー]](John "Doc"Bradley) - [[ライアン・フィリップ]]([[竹若拓磨]])
:米海軍[[衛生兵]]-摺鉢山に星条旗を建てた6人の一人とされている。日本軍の砲弾の破片で負傷する。米国債ツアーに参加する。 
 
* {{仮リンク|レイニー・ギャグノン|en|Rene Gagnon}} - [[ジェシー・ブラッドフォード]]([[関智一]])
==生涯==
:米国海兵隊第5師団28連隊第2大隊の伝令。摺鉢山で星条旗を掲げた6人の一人。生き残って、
自治市ラーヌウィウムの出身で、ローマ軍兵士として戦い、前12年、皇帝[[アウグストゥス]]の元、ローマ市の[[コンスル]](執政官)に選ばれた。間もなくして、[[ガラテヤ]]の南境の山地部族、[[ホモナデンセス家]]との戦いを指揮して、勝利を収め、凱旋将軍顕章を授かり、前3年[[アジア州]]の総督になった。
 
* [[アイラ・ヘイズ]] - [[アダム・ビーチ]]([[志村知幸]])
紀元3年から4年まで、[[ガイウス・カエサル|ガイウス・カイザリヤ]]の[[アルメニヤ遠征]]に後見人として同行する。
紀元6年から9年、皇帝アウグストゥスにより、民族の統治者・財産査定官として、シリヤ・キリキヤ地方に派遣された。同時に、騎士階級であったコーポーニオスも総督としてユダヤ人を統治するために派遣された。キュリニウスは、ユダヤ人の財産を査定して、アルケオラスの資産を処分した。このことで、ユダヤ人が衝撃を受けたが、大祭司ヨーアザロスの説得により、財産登録に応じた。しかし、ユーダスという人物が、パリサイ人のサドーコスを引きずり込んで反抗運動を起こした。([[熱心党]])<ref group="注釈">彼らは、キュリニウスのアルケラオスの財産の査定は、ユダヤ人を奴隷状態に追い込むためのものであり、ローマからの独立を訴えた。({{Harvnb|秦|1980|pp=5}})</ref>
 
* キース・ビーチ - [[ジョン・ベンジャミン・ヒッキー]]([[仲野裕]])
シリヤでの任務を終えると、公職を退き、ローマに戻り21年に死去した。<ref group="注釈">キュリニオスは晩年は醜態を極め、権力をほしいままにした。自分を毒殺しようしたかどで、妻レピダとは離縁したといわれる。({{Harvnb|秦|1980|pp=5}})</ref>
 
* {{仮リンク|ヘンリー・オリヴァー・ハンセン|en|Henry Oliver Hansen|label=ハンク・ハンセン}} - [[ポール・ウォーカー]]([[森川智之]])
==キリスト教の聖書におけるクレニオ==
クィリニウスは、ルカの福音書のイエス・キリスト誕生の物語の最初に「クレニオ(クィリニウス)がシリアの総督であった時の最初の住民登録であった。」([[新改訳聖書]])言及されている。
 
* バド・ガーバー - [[ジョン・スラッテリー]]([[小島敏彦]])
ヨセフォスは住民登録を記しているが、それは[[使徒行伝]]5章37節に記されている、クィリニウスによる人口調査は紀元6年のことである。ユダヤが[[:en:Herod Archelaus|ヘロデ・アルケラオス]](英語版)の廃位によってローマの属州となったことをきっかけにクィリニウスが実施したことである。<ref>フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌6 新約時代編[XVIII][XIX]』山本書店、1980年、ISBN 4-480-08536-X、P1-11。</ref>。
 
* [[マイケル・ストランク|マイク・ストランク]] - [[バリー・ペッパー]]([[桐本琢也]])
しかし、イエスの誕生は紀元4年より前であるといわれるので、ルカ2章2節の「全世界の住民登録」は、クィリニウスが実施した紀元6年の人口調査とは異なる。つまり、ルカに記されている住民登録はヨセフォスが記していない別の登録ということになる。<ref group="注釈">この件に対して、秦は「ルカの記事には[[アナクロニズム]]」がみとめられる。」と記し、ルカが時代を誤っていると結論付けている。({{Harvnb|秦|1980|pp=5}})</ref>
 
* {{仮リンク|ラルフ・イグナトウスキー|en|Ralph Ignatowski|label=ラルフ・“イギー”・イグナトウスキー}} - [[ジェイミー・ベル]]([[佐藤淳 (俳優)|佐藤淳]])
また、アウグストゥスの『業績録』によれば、三度国勢調査(前28年、前8年、紀元後14年)を行ったと言われ。キリストの誕生前後にはローマによる国勢調査は行われていない。<ref>[[塩野七生]]「パックス・ロマーナ」『ローマ人の物語』p.1099</ref>
 
* チャンドラー・ジョンソン大佐 - [[ロバート・パトリック]]
[[テルトリアヌス]]が、シリヤ総督であった[[サトゥルニウス]](在位:前9年-6年)人口調査を行ったと記録している。また、住民登録は14年ごとに行われていたことが分かっている。また、ギリシア語「最初の」とは「以前の」との訳せるので、「総督クレニオが実施した以前の総督サトゥルニヌスによる」住民登録であると解釈することができる。<ref>[[熊谷徹]]「ルカの福音書」『[[実用聖書注解]]』p.285-286</ref>
 
* デイヴ・セベランス大尉 - [[ニール・マクドノー]]([[有川博]])
また、[[ラピス・ティブルティヌス]]という碑文に、シリヤの総督に2度目についたローマ人の業績が報告されている。それが、クィリニウスであった可能性もある。
 
M・W・ラムゼーは、前10年クィリニウスがシリヤの軍事担当の総督になり、同時にサトゥルニウスが行政を担当したという仮説を立てた。その時に、クィリニウスが軍事担当の総督として住民登録を実施したという仮説である。
 
* ポーリーン・ハーノイス - [[メラニー・リンスキー]]
===日本語訳聖書における名前の表記===
クレニオは新約聖書に記載のある人物だが、日本語訳聖書の中では様々な表記がなされる。具体例を挙げると'''クレニオ'''([[文語訳聖書|文語訳]]・[[口語訳]]・[[新改訳]])、'''キリノイ'''([[日本正教会訳聖書|正教会訳]])、'''キリニウス'''([[共同訳聖書|共同訳]])、'''キリニウス'''([[新共同訳]])などがある。
 
* {{仮リンク|ジェームズ・ブラッドリー (小説家)|en|James Bradley (author)|label=ジェームズ・ブラッドリー}} - [[トム・マッカーシー]]([[井上和彦 (声優)|井上和彦]])
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
===注釈===
{{reflist|group="注釈"}}
 
* [[アレクサンダー・ヴァンデグリフト]]司令官 - [[クリス・バウアー]]
===出典===
{{reflist|2}}
 
* ベル・ブロック - [[ジュディス・アイヴィー]]
==参考文献==
*{{Citation|和書|editor=|year=1985|title=新聖書辞典|publisher=いのちのことば社|isbn=4-264-00706-2}}
**{{Citation|和書|last=|first=|author-link=|year=1988|contribution=クレニオ|title=新聖書辞典|pages=418-419}}
**{{Citation|和書|last=千代崎|first=秀雄|author-link=千代崎秀雄|contribution=ヘロデ|title=|pages=1136-1140}}
*{{citation|和書|last=ヨセフス|first=フラウィウス|author-link=フラウィウス・ヨセフス|translator=[[秦剛平]]|title=ユダヤ古代誌6、新約時代編「XVIII][XIX] |publisher=[[山本書店]]|year=1980|isbn=}}
*{{citation|和書|last=熊谷|first=徹|author-link=熊谷徹|contribution=ルカの福音書|title=新聖書注解 |publisher=[[いのちのことば社]]|year=1995|isbn=4-264-01500-6}}
*{{Citation|和書last=塩野|first=七生|author-link=塩野七生|editor=|contribution=パクス・ロマーナ|title=ローマ人の物語VI|publisher=新潮社|year=1997|isbn=4-10-309615-2}}
 
* マデリン・イーヴリー - {{仮リンク|マイラ・ターリー|en|Myra Turley}}
== 関連項目 ==
{{commonscat|Publius Sulpicius Quirinius}}
* [[ユダヤ属州]]
* [[属州総督]]
 
* [[フランクリン・スースリー]] - [[ジョセフ・クロス]]
 
* [[ハーロン・ブロック]] - [[ベンジャミン・ウォーカー]]
{{DEFAULTSORT:くいりにうす}}
[[Category:新約聖書の人物]]
[[Category:古代イスラエル・ユダ]]
[[Category:1世紀の古代ローマ人]]
[[Category:非カルケドン派の聖人]]