「悲しみにさよなら」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
== 解説 ==
*前作「[[熱視線]]」から丁度5ヶ月でのリリース。
*この曲を収録したアルバム「[[安全地帯IV|安全地帯Ⅳ]]」は翌1986年度の[[オリコン]]のアルバムチャートで年間第1位の売り上げを記録した。ちょうどこの曲のヒット中、[[伊東市]]にある[[キティ・レコード]]の伊豆スタジオでアルバムのレコーディングを行なっており、「[[ザ・ベストテン]]」、「[[ザ・トップテン]]」では、[[伊豆シャボテン公園]]、[[下田海中水族館]]、[[MOA美術館]]など、[[伊豆半島]]からの中継も多かった。
*「ザ・ベストテン」、「ザ・トップテン」でともに年間第1位を獲得し、応援ゲストとして前者には[[TBSテレビ|TBS]]のドラマ「[[親にはナイショで…|親にはナイショで…」]](安全地帯が主題歌を担当)に出演した女優の[[星由里子]]、アマチュア時代の安全地帯を物心ともに支援した木内和博氏(のちの『[[優佳良織工芸館]]』館長)、後者には編曲を担当した[[星勝]](元[[モップス]])とツアースタッフが登場した。
*[[1985年]][[12月31日]]放送の[[第36回NHK紅白歌合戦]]に、同曲で初出場を果たした。