「RELAX NG」の版間の差分

編集の要約なし
(<source lang="rnc">)
タグ: 2017年版ソースエディター
編集の要約なし
'''RELAX NG''' (リラクシング、RELAX Next Generation) は、[[マークアップ言語]][[Extensible Markup Language|XML]]の[[スキーマ言語]]の一つである。RELAX NG で記述された[[スキーマ (データベース)|スキーマ]]は、XML文書の構造と内容のパターンを定義する。RELAX NG で記述されたスキーマは、それ自身がXML文書である。RELAX NG でスキーマをXML文書として記述する方法を、[[#XML構文|XML構文]]という。しかし RELAX NG では、スキーマをXML構文ではない簡潔な[[#短縮構文|短縮構文]] (Compact Syntax) で記述することもできる<ref>[http://www.oasis-open.org/committees/relax-ng/compact-20021121.html RELAX NG Compact Syntax]</ref>。つまり RELAX NG では、XML構文でスキーマを記述しても良いし、短縮構文でスキーマを記述しても良い。RELAX NG は、[[World Wide Web Consortium|W3C]] [[XML Schema]] と比べて仕様が簡潔である。RELAX NG は、[[ジェームズ・クラーク (ソフトウェア技術者)|ジェームズ・クラーク]]と[[村田真]]が共同で設計した。2001年12月に、[[OASIS (組織)|OASIS]]の RELAX NG 技術委員会が、RELAX NG の仕様を標準として策定した<ref>[http://www.oasis-open.org/committees/relax-ng/spec-20011203.html RELAX NG Specification]</ref><ref>[http://www.oasis-open.org/committees/tc_home.php?wg_abbrev=relax-ng RELAX NG Technical Committee]</ref>。2003年に、[[国際標準化機構|ISO]]/[[国際電気標準会議|IEC]] 19757-2 ([[文書スキーマ定義言語]] 第2部 正規文法に基づく妥当性検証) として策定されたし、2008年に改定している<ref>ISO/IEC 19757-2:2008 Information technology - Document Schema Definition Language (DSDL) - Part 2: Regular-grammar-based validation - RELAX NG https://www.iso.org/standard/52348.html</ref>
 
== 背景 ==