「クレイジー・リッチ!」の版間の差分

12月2日、オークワフィナはゴールディングの起用を擁護するコメントを発表した。そのコメントの中で、オークワフィナは「私はあの手の批判を好ましく思いません。心が狭いと思います。私は従兄弟たち(両親の片方がアジア系)に囲まれて育ちましたが、その時に学んだことがあります。ハーフの人間はアイデンティティを巡って葛藤するということです。ハーフは両方の世界から拒絶されたように感じるでしょう。ハーフとして生まれた私もそんな気分になったことがあります。もし製作チームが[[エマ・ストーン]]を[[アロハ (映画)|ニック・ヤング役に起用した]]なら、それは良くないことです。しかし、ヘンリーはシンガポールで活動していますし、マレーシア出身でもあります。私はヘンリーがニック役に相応しいと思います」と述べた<ref>{{Cite web|url=https://www.huffingtonpost.com/entry/crazy-rich-asians-awkwafina_us_5a203433e4b0392a4ebc04eb|title=‘Crazy Rich Asians’ Star: Hollywood Caves To Diversity When It’s Scared|accessdate=2018-08-11}}</ref>。
 
[[社会学者]]のナンシー・ワン・ユェンは、「ゴールディングはアジア系ではない」とみなす批判者側の姿勢が[[人種衛生学|民族純化]]的発想につながりかねないと警鐘を鳴らしている<ref>{{Cite web|url=https://www.huffingtonpost.com/entry/crazy-rich-asians-henry-golding-casting_us_5a1f172ce4b0d52b8dc2632e|title=‘Crazy Rich Asians’ Star Claps Back At Criticism That He’s ‘Not Asian Enough’|accessdate=2018-08-11}}</ref>。
 
==== シンガポール人描写の偏りに関して ====
447

回編集