「今井遥」の版間の差分

→‎経歴: 黒人を削除
(→‎経歴: 黒人を削除)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
2014年7月から祖父母の出身地で新設の[[新潟市アイスアリーナ|新潟アサヒアレックスアイスアリーナ]]([[新潟市]])に練習拠点を移し、ムサシノFSC(東京)から新潟県スケート連盟所属へ変更となった<ref>[http://www.city.niigata.lg.jp/shisei/koho/kohoshi/shiho/backnumber/h26/shiho140720/3_01.html フィギュア今井遥選手 アイスアリーナを拠点に活動], 新潟市, 2014年7月18日</ref>。
2014-2015シーズン 昨シーズンの結果と浅田真央の休養、鈴木明子の引退で、全日本選手権表彰台、世界選手権代表、世界選手権上位を期待され、さらなる飛躍が期待されてたが、ISUチャンジャーシリーズオンドレイネペラ杯で5位に終わり、GPシリーズではフランス杯でロシア勢3人、アメリカ勢3人、地元フランスの黒人選手メイテに敗れ8位、スケートアメリカでは再びロシア勢3人、アメリカ勢3人とさらに韓国の新星朴小宴にスケート陣勢でただ一度の敗北で8位と2戦とも振るわず悲願の表彰台を逃した。巻き返しが期待されたが全日本選手権では10位と低迷。悲願だった世界選手権代表、前年出場した四大陸選手権、さらにユニバーシアード代表も逃した。
 
2015-2016シーズン シーズン初戦カナダで行われた[[2015年スケートカナダオータムクラシック|オータムクラシック]]で、非公式ではあるがFS自己ベストをわずかに上回る116.72、トータルも174点代と自己ベストに迫る得点で2位に入り、前シーズンとは違い好調なスタートだった。しかし、[[2015/2016 ISUグランプリシリーズ|GPシリーズ]]では[[2015年スケートアメリカ|スケートアメリカ]]で158点と振るわず10位。続く[[2015年エリック・ボンパール杯|エリックボンバール杯]]ではSP9位と出遅れたがFSがテロの影響で中止になり9位に終わった。また、[[第84回全日本フィギュアスケート選手権|全日本選手権]]は大失敗で[[宮原知子|宮原]]、[[樋口新葉]]、[[浅田真央|浅田]]、[[本郷理華|本郷]]、[[白岩優奈]]、[[村上佳菜子|村上]]の上位6人が180点以上を出すハイレベルな争いの中、161.23点で新星[[新田谷凜]]、[[永井優香]]、[[木原万莉子]]、[[松田悠良]]、[[磯邉ひな乃]]、更にジュニアの[[本田真凜]]、[[坂本花織]]、[[横井ゆは菜]]にも敗れて14位に終わり、悲願の世界選手権代表、四大陸選手権代表も2年連続逃した。