「1925年栄典濫用防止法」の版間の差分

仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc
(仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc)
本法の制定経緯は[[デビッド・ロイド・ジョージ]]政権下に生じた叙爵問題を発端とするもので、彼はその首相在任中に94件の新規叙爵、1500件の[[ナイト爵]]授与を行っている<ref name=":0">T. A. Jenkins, "The funding of the Liberal Unionist party and the honours system." ''English Historical Review'' 105.417 (1990): 920-938.</ref>。この行動は元来の慣行や基準を無視したものではあったものの{{#tag:ref|ロイド・ジョージは慣例を無視して{{仮リンク|ジョン・クライトン=ステュート_(第4代ビュート侯爵)|label=第4代ビュート侯爵ジョン・クライトン=ステュアート|en|John_Crichton-Stuart,_4th_Marquess_of_Bute}}に[[シッスル勲章]]を授与した例が示すように、栄典の慣行を軽んじる傾向があった。なお、同勲章はこの事件を教訓として、1946年以降はイギリス君主自ら行うことが慣例となっている<ref name="小川(2009)92">[[1925年栄典濫用防止法#小川(2009)|小川(2009)]] p.92</ref>。|group="註釈"}}、処罰法を欠くことから合法であり、ロイド・ジョージ内閣以前も栄典授与件数は増加傾向にあった<ref>Harold J. Hanham, "The sale of honours in late Victorian England." ''Victorian Studies'' 3#3 (1960): 277-289.</ref><ref>[[1925年栄典濫用防止法#水谷(1991)|水谷(1991)]] p.199-202</ref>。
 
しかしながら、ロイド・ジョージ率いる自由党政府は栄典の乱発に留まらず、[[フィクサー|斡旋人]]{{仮リンク2|モーンディ・グレゴリー|en|Maundy_Gregory}}を仲介者として政治資金に等しい謝礼を得ており、ナイト爵は10,000ポンド、[[男爵]]叙爵ならば30,000ポンド、それ以上の爵位については50,000ポンドを一人当たりに要求していた<ref name=":0" /><ref>{{Cite book|last=Rowland|first=Peter|title=Lloyd George|year=1975|publisher=Barrie & Jenkins Ltd|location=London|isbn=0214200493|page=448|chapter=The Man Who Won the War, 1916-1918}}</ref><ref>Peter Rowland, ''Lloyd George'' (1975) p 448.</ref>。こうした栄典濫用ともいえる行為は[[貴族院 (イギリス)|貴族院]]においても強く非難がなされたほか、ロイド・ジョージ自身も1922年半ばに政治的支持を急速に失ってゆき、総辞職に追い込まれている <ref>{{Cite book|last=Travis L. Crosby|title=The Unknown David Lloyd George: A Statesman in Conflict|url=https://books.google.com/books?id=MIW9AgAAQBAJ&pg=PA330|year=2014|publisher=I.B.Tauris|page=330}}</ref><ref name="水谷(1991)205">[[1925年栄典濫用防止法#水谷(1991)|水谷(1991)]] p.205</ref>。
 
なお、ロイド・ジョージとともに栄典授与の便宜を図り、斡旋人の役割を果たしたとされるモーンディ・グレゴリーは[[1933年]]に本法違反の疑いで逮捕、収監を経て罰金刑に処されているが、本法によって処罰された者は現在に至るまでグレゴリーのみである<ref>{{Cite web|title=Maundy Gregory (1877 – 1941)|url=https://www.exploringsurreyspast.org.uk/themes/people/notable_residents/maundy_gregory|website=Exploring Surrey's Past|accessdate=2020-03-07|language=en-GB}}</ref><ref>{{Cite news|title=MI5 still keeps secrets of man jailed for selling peerages|url=https://www.telegraph.co.uk/news/1524757/MI5-still-keeps-secrets-of-man-jailed-for-selling-peerages.html|date=2006-07-24|accessdate=2020-03-07|issn=0307-1235|language=en-GB|first=Ben|last=Fenton}}</ref>。
== 関連項目 ==
 
* {{仮リンク2|一代貴族汚職疑惑|en|2006–2007_Life_Peerages_scandal}}―<small>[[2006年]]に起きた[[一代貴族]]叙爵に関連する政治スキャンダル。</small>
* [[デビッド・ロイド・ジョージ]]