「リンジー伯爵 (イングランド貴族)」の版間の差分

仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc
(→‎バーティ家の勃興: 英語版リンクを追加)
(仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc)
バーティ家の貴族として歴史は、その祖{{仮リンク|リチャード・バーティ_(1582年没)|en|Richard_Bertie_(courtier)|label=リチャード・バーティ}}<small>(1517?-1582)</small>が古い[[イングランド貴族]]である[[ウィロビー・ド・アーズビー男爵|ウィロビー・ド・アーズビー男爵家]]出身の令嬢{{仮リンク|サフォーク公爵夫人キャサリン・ブランドン|en|Katherine_Brandon,_Duchess_of_Suffolk|label=キャサリン・ウィロビー}}<small>(1519-1580)</small>と結婚したことに遡る{{#tag:ref|キャサリン・ウィロビーは[[チャールズ・ブランドン_(初代サフォーク公爵)|初代サフォーク公爵チャールズ・ブランドン]]の3番目の妻だったが、1545年に夫と死別したのち、1553年にリチャード・バーティと結婚した。|group="註釈"}}<ref>{{Cite book|title=MY LADY SUFFOLK|url=http://archive.org/details/myladysunfolk006427mbp|publisher=ALFRED A. KNOPF|date=1963|others=Universal Digital Library|last=EVELYN READ}}</ref><ref>{{cite DNB|wstitle=Bertie,_Richard|first=Thompson|last=Cooper|authorlink=Thompson_Cooper|volume=04|page=407-408}}</ref><ref name=":0">{{Cite web|title=Willoughby de Eresby, Baron (E, 1313)|url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/willoughbye1313.htm#WILL_ERESBY_1313_13|website=www.cracroftspeerage.co.uk|accessdate=2020-03-12}}</ref><ref name=":1" />。キャサリンが没すると、男爵位は夫妻の息子ペレグリン<small>(1555-1601)</small>が継承した<ref>{{cite DNB|wstitle=Bertie,_Peregrine|first=Sidney|last=Lee|authorlink=Sidney_Lee|volume=04|page=404-407}}</ref>。
 
その{{仮リンク|ペレグリン・バーティ_(第13代ウィロビー・ド・アーズビー男爵)|label=ペレグリン|en|Peregrine_Bertie,_13th_Baron_Willoughby_de_Eresby}}の子である{{仮リンク|ロバート・バーティ_(初代リンジー伯爵)|en|Robert Bertie, 1st Earl of Lindsey|label=ロバート・バーティ}}<small>(1582-1642)</small>は{{仮リンク2|海軍卿 (イングランド)|en|First Lord of the Admiralty|label=海軍卿}}を務めた廷臣で、父から男爵位を継承したのち、1626年に'''リンジー伯爵'''<small>(Earl of Lindsey)</small>に昇叙した<ref name=":1" /><ref name=":2">{{Cite book|title=Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc|url=http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse|publisher=London, Dean|date=1921|others=Wellesley College Library|year=|page=568}}</ref><ref name=":3">{{cite DNB|wstitle=Bertie,_Robert|first=Thomas|last=Henderson|authorlink=Thomas_Finlayson_Henderson|volume=04|page=408-409}}</ref>。彼は[[式部卿 (イングランド)|式部卿]]を世襲する[[オックスフォード伯爵|オックスフォード伯爵ド・ヴィアー家]]の女系子孫であったことから、{{仮リンク|ヘンリー・ド・ヴィアー_(第18代オックスフォード伯爵)|en|Henry_de_Vere,_18th_Earl_of_Oxford|label=第18代オックスフォード伯爵ヘンリー・ド・ヴィアー}}の死去に伴って同職を世襲する権利を得た<ref name=":3" />。彼は[[イングランド内戦]]においては[[騎士党]]派に与したのち、1642年に[[エッジヒルの戦い]]で戦死したため、爵位は息子のモンタギューが相続した<ref name=":1" /><ref name=":3" />。
 
2代伯モンタギュー<small>(1608-1666)</small>は父同様に騎士党派として行動し、ニューベリーの戦いや[[ネイズビーの戦い]]に参加している<ref>{{cite DNB|wstitle=Bertie,_Montague|first=Thomas|last=Henderson|authorlink=Thomas Finlayson Henderson|volume=04|page=403-404}}</ref>。また彼が後妻ブリジット・レイとの間にもうけた子{{仮リンク|ジェームズ・バーティ_(初代アビンドン伯爵)|en|James_Bertie,_1st_Earl_of_Abingdon|label=ジェームズ}}はのちに'''[[アビンドン伯爵]]'''に叙されている<ref name=":2" /><ref name=":4">{{Cite web|title=Abingdon, Earl of (E, 1682)|url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/abingdon1682.htm|website=www.cracroftspeerage.co.uk|accessdate=2020-03-12}}</ref>。
[[ファイル:General_Albemarle_Bertie,_9th_Earl_of_Lindsey.jpg|サムネイル|184x184ピクセル|9代伯アルベマール]]
[[ファイル:Bookplate-Bertie_Duke_of_Ancaster.jpg|サムネイル|273x273ピクセル|[[蔵書票]]に描かれたアンカスター=ケスティーヴン公爵家紋章。現在の紋章とは異なる。]]
9代伯アルベマール<small>(1744-1818)</small>はその襲爵前に{{仮リンク|スタンフォード選挙区|en|Stamford_(UK_Parliament_constituency)|label=}}選出の[[庶民院 (イギリス)|庶民院]]議員を務めたほか、[[1814年]]以降その死まで{{仮リンク2|ブラックネス城代|en|Governor of Blackness Castle}}を務めた<ref name=":2" /><ref>{{Cite web|title=BERTIE, Albemarle (1744-1818), of Uffington, nr. Stamford, Lincs. {{!}} History of Parliament Online|url=http://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/bertie-albemarle-1744-1818|website=www.historyofparliamentonline.org|accessdate=2020-03-12}}</ref>なお、彼から11代伯にかけての伯爵家長男は[[儀礼称号]]としてバーティ卿<small>(Lord Bertie)</small>を用いたほか{{#tag:ref|9代伯から12代伯にかけては伯爵位以外に保持する爵位がなかったため、家名を用いたバーティ卿を儀礼称号とした。|group="註釈"}}、12代伯までの歴代当主は[[アイルランド貴族]]爵位の{{仮リンク2|カレン子爵|en|Viscount Cullen|label='''カレン子爵'''}}の潜在的な継承権者であった<ref>{{Cite web|title=Cullen, Viscount (I, 1642 - 1810)|url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/cullen1642.htm|website=www.cracroftspeerage.co.uk|accessdate=2020-03-12}}</ref>。9代伯アルベマールののちは長男のジョージが爵位を襲っている<ref name=":1" />。
 
10代伯ジョージ<small>(1814-1877)</small>は「飲んだくれか狂人のどちらか」と評された人物だったが{{#tag:ref|同時代を生きた風刺画家[[ジョージ・クルックシャンク]]が小説家[[チャールズ・ディケンズ]]に送った手紙の中で、クルックシャンクの妻が10代伯を「飲んだくれか狂人のどちらか」と評したと触れている。|group="註釈"}}、彼には子がなかったため爵位は弟のモンタギュー(11代伯)に継承された<ref name=":1" /><ref>{{cite book|title=The Letters of Charles Dickens|last5=Easson|url=https://books.google.com/books?id=69G9DUjLqgIC|pages=216|isbn=0-19-811478-8|year=2002|publisher=Oxford University Press|last6=Burgis|first6=Nina|first5=Angus|first=Charles|last4=Tillotson|first4=Kathleen Mary|last3=Storey|first3=Graham|last2=House|first2=Madeline|last=Dickens|accessdate=13 September 2007}}</ref>。
* {{仮リンク|カレン子爵|en|Viscount_Cullen|label=}}―<small>9代伯から12代伯が兼ねたアイルランド貴族爵位。</small>
* [[テイムのバーティ子爵]]―<small>親族。ただし、1954年に絶家。</small>
* {{仮リンク2|ウィロビー・ド・アーズビー男爵|en|Baron Willoughby de Eresby}}―<small>7代にわたり伯爵位の従属爵位だったが、現在は分離。</small>
* [[式部卿 (イングランド)|式部卿]]