「ウォーターパーク男爵」の版間の差分

仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc
m (bot: 解消済み仮リンクキャヴェンディッシュ家を内部リンクに置き換えます)
(仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc)
夫妻の息子リチャード<small>(1765-1830)</small>は[[1804年]]に父から準男爵位を、[[1807年]]に母から男爵位をそれぞれ相続した<ref name=":1" /><ref name=":3" /><ref name=":5" />。2代男爵リチャード以降は5代男爵まで彼の直系子孫によって爵位は継承された<ref name=":5" />。
 
3代男爵ヘンリー<small>(1793-1863)</small>は[[ホイッグ党 (イギリス)|ホイッグ党]]の政治家で{{仮リンク2|侍従たる議員|en|Lord-in-waiting}}や[[アルバート (ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)|アルバート王配]]付寝室官長を歴任している<ref name=":1" /><ref name=":5" />。
 
その孫にあたる5代男爵チャールズ<small>(1883-1932)</small>が男子なく死去すると、爵位はまたいとこのヘンリー(6代男爵)、さらにその甥のフレデリック(7代男爵)に受け継がれた<ref name=":5" />。
7代男爵の長男である8代男爵ロデリック<small>(1959-)</small>が[[2020年]]現在のウォーターパーク男爵家現当主である。
 
一族の[[カントリー・ハウス|邸宅]]は[[ダービーシャー|ダービー州]]{{仮リンク2|ダヴリッジ|en|Doveridge}}に位置した「ダヴリッジ・ホール<small>(Doveridge Hall)</small>」で、同館は稀代の建築家[[ウィリアム・チェンバーズ (建築家)|ウィリアム・チェンバーズ]]の設計になるものだったが、3代男爵が亡くなると一族はこの館を離れている<ref name=":6">{{Cite web|title=Doveridge History: The Hall|url=https://www.doveridge-village.org/history/doveridge-hall|website=Doveridge|accessdate=2020-04-01|language=en-GB}}</ref>。また邸宅自体も[[競売]]にかけられたのち、[[1938年]]に解体されたため現存しない<ref name=":6" />。
 
一族の[[モットー (紋章学)|モットー]]は「念には念を入れよ(Cavendo Tutus)」<ref name=":5" />。
* [[キャヴェンディッシュ家]]
* [[デヴォンシャー公|デヴォンシャー公爵]]―<small>初代男爵の弟の系統、現存。</small>
* {{仮リンク2|チェシャム男爵|en|Baron Chesham}}―<small>同族、現存。</small>
*[[女性に対して創設されたイギリス爵位一覧]]