「ミルタウン伯爵」の版間の差分

仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc
(仮リンク2 → 仮リンク See:Template:仮リンク2/doc)
[[ファイル:Anthony_Lee_Portrait_of_Joseph_Leeson,_later_1st_Earl_of_Milltown.jpg|代替文=|サムネイル|258x258ピクセル|初代伯[[ジョセフ・リーソン (初代ミルタウン伯爵)|ジョセフ・リーソン]]]]
[[ファイル:Russborough_house.jpg|代替文=|サムネイル|250x250ピクセル|伯爵家旧邸宅{{仮リンク2|ラスバラ・ハウス|en|Russborough House}}。6代伯の死後は他者を転々とした。]]
'''ミルタウン伯爵'''({{Lang-en-short|'''Earl of Milltown'''}})はイギリスの[[伯爵]]、[[貴族]]。[[アイルランド貴族]]爵位。政治家[[ジョセフ・リーソン (初代ミルタウン伯爵)|ジョセフ・リーソン]]が[[1763年]]に叙されたが、7代伯の死後は休止{{#tag:ref|休止とは、爵位を継承すべき男子が存在する可能性があるが未確定、あるいはその権利保持者が爵位回復に対する請願(claim)を行っていない状況を指す。この場合、廃絶(extinct)扱いできないため、あえて『休止』と表現する。したがって、回復可能性のあった男子全員の死が立証された場合、その爵位はあらためて廃絶となる。また、権利保持者存在性の明確さにおいて[[停止_(爵位)|停止]]とは異なる概念を有している。|group="註釈"}}<small>(dormant)</small>の状態にある。
 
== 歴史 ==
[[ファイル:Earl_of_Milltown_Vanity_Fair_24_November_1883.jpg|サムネイル|276x276ピクセル|6代伯を描いた[[カリカチュア]]。<br /><br /><small>([[レスリー・ウォード|Spy]]作 [[バニティ・フェア (イギリスの雑誌)|バニティ・フェア]]誌1883年11月号)</small>]]
政治家[[ジョセフ・リーソン (初代ミルタウン伯爵)|ジョセフ・リースン]]<small>(1701–1783)</small>は{{仮リンク2|ラスコーマック選挙区|en|Rathcormack (Parliament of Ireland constituency)}}選出の[[アイルランド議会 (1297-1800)|アイルランド庶民院]]議員として活動したのち、[[1756年]][[5月5日]]に'''ウィックロー州におけるラスバラ男爵'''<small>(Baron Russborough, in the County of Wicklow)</small>を与えられた<ref name=":0">{{Cite web|title=Milltown, Earl of (I, 1763 - dormant 1891)|url=http://www.cracroftspeerage.co.uk/online/content/milltown1763.htm|website=www.cracroftspeerage.co.uk|accessdate=2020-04-07}}</ref><ref name="Cokayne">{{Cite book2|editor-last=Cokayne|editor-first=George Edward|editor-link=ジョージ・エドワード・コケイン|year=1893|title=Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M)|volume=5|edition=1st|location=London|publisher=George Bell & Sons|language=en|pages=316–317|url=https://archive.org/details/completepeerage01cokagoog/page/n326}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.thegazette.co.uk/London/issue/9578/page/5|title=No.9578|accessdate=2020年4月6日|publisher=The Gazette 27 April 1756}}</ref><ref name=":1">{{Cite book|title=Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc|url=http://archive.org/details/debrettspeeraget00unse|publisher=London, Dean|date=1921|others=Wellesley College Library|year=|pages=634-635}}</ref>。彼はさらに1760年9月8日に'''ウィックロー州ラッセルズタウンのラスバラ子爵'''<small>(Viscount Russborough, of Russellstown in the County of Wicklow)</small>に昇叙したほか、1763年5月10日には'''ダブリン州におけるミルタウン伯爵'''<small>(Earl of Milltown, in the County of Dublin)</small>に陛爵している<ref name=":0" /><ref name="Cokayne" /><ref>{{Cite web|url=https://www.thegazette.co.uk/London/issue/10029/page/1|title=No.10029|accessdate=2020年4月6日|publisher=The Gazette 23 August 1760}}</ref>。一連の爵位はすべてアイルランド貴族爵位である<ref name=":0" />。
 
初代伯が1783年に没すると、爵位は長男[[ジョセフ・リーソン (第2代ミルタウン伯爵)|ジョセフ]](<small>2代伯,1730-1801)</small>、次男ブライス<small>(3代伯)</small>の順で継承された<ref name=":0" /><ref name="Cokayne" />。
5代伯ジョセフ・ヘンリー<small>(1829-1871)</small>は[[イギリス陸軍|英国陸軍]]軍人として[[アイルランド総督 (ロード・レフテナント)|アイルランド総督]]副官を務めたが彼には子がなかったため、爵位は弟エドワードが相続した<ref name=":0" /><ref name=":1" />。
 
6代伯エドワード<small>(1835-1890)</small>は[[法廷弁護士]]を務めていたが、襲爵後は[[貴族代表議員|アイルランド貴族代表議員]]や{{仮リンク2|ウィクロー州統監|en|Lord Lieutenant of Wicklow}}を歴任した<ref name=":0" /><ref name=":1" /><ref>{{Cite web|url=https://www.thegazette.co.uk/London/issue/24993/page/3349|title=No.24993|accessdate=2020年4月6日|publisher=The Gazette 5 July 1881}}</ref>。彼にも嗣子がなかったため、爵位は末弟ヘンリーがその後を襲った<ref name=":0" />。
 
7代伯ヘンリー<small>(1837-1891)</small>が襲爵後わずか半年で亡くなると、爵位は休止となった<ref name=":0" /><ref name=":1" />。
『クラクロフト貴族名鑑<small>(Cracroft's Peerage)</small>』によれば、ロバート以降はいかなる請願もなされていないが、初代伯ジョセフの四男ロバート・リーソン卿<small>(1773-1850)</small>の子孫が存命である可能性があるため、爵位再興の余地は依然として残されている<ref name=":0" />。
 
一族のかつての邸宅は、[[ウィックロー州]]ブレッシントン湖畔に位置する{{仮リンク2|ラスバラ・ハウス|en|Russborough_House}}であったが、6代伯の死後は伯爵家の手を離れて現在はベイド家の所有となって現在に至っている<ref name=":1" /><ref>{{Cite web|title=Historic House, Outdoor Activities{{!}} Blessington, Co. Wicklow|url=https://www.russborough.ie/|website=www.russborough.ie|accessdate=2020-04-07|language=en}}</ref>。
 
一族の[[モットー (紋章学)|モットー]]は「暗闇より出でて光り輝く<small>(Clarior e tenebris)</small>」<ref name=":0" />。
== 関連項目 ==
 
* {{仮リンク2|ラスバラ・ハウス|en|Russborough_House}}―<small>伯爵家の旧邸宅。</small>
{{DEFAULTSORT:みるたうんはくしやく}}