「フライングアーマー」の版間の差分

(出典の追加と訂正)
 
== 概要 ==
エゥーゴが[[ガンダムMk-II]]の規格に合わせて開発した大気圏突入用装備。[[エゥーゴ]]の戦略のうち、[[ジャブロー]]など地上の[[地球連邦軍]]拠点への電撃的な侵攻手段の開発は急務であった。同様の装備には既に[[バリュート (ガンダムシリーズ)|バリュート]]が存在したが、これは突入時に[[自由落下]]状態となることや、突入後はパラシュートを使用するために無防備となり、攻撃される可能性があった。加えて、大型[[HLV]]を使用できないエゥーゴの台所事情もあり、進行していたZΖ計画のうちの大気圏突入能力を検証すべくフライングアーマーが開発された。底面にはホバーノズルも備えており、大気圏内においては[[サブフライトシステム]]としても機能する<ref>『HGUC 1/144 ガンダムMk-II+フライングアーマー』バンダイ、2005年5月、組立説明書。</ref>。
 
== 劇中の活躍 ==