「メタクリル酸メチル」の版間の差分

m
(→‎脚注: 変更)
工業的に用いられる主な製造法では[[アセトン]]と[[シアン化水素]](青酸)を原料とし、[[アセトンシアンヒドリン]]を中間体とする。この手法ではメタクリル酸メチルのほかに[[硫酸アンモニウム]]が副産する(ACH法)。
 
:<cechem>(CH3)2C={O} + {HCN} -> (CH3)2C(OH)CN</cechem>
:<cechem>(CH3)2C(OH){CN} + {H2SO4} -> CH3C(=CH2)C(=O){NH2} \dot {}H2SO4</cechem>
:<cechem>2CH3C(=CH2)C(=O){NH2} \dot {}{H2SO4} + 2{CH3OH} -> 2{CH3C(=CH2)COOCH3} + {(NH4)2SO4} + {H2SO4}</cechem>
 
新しい手法では、[[エチレン]]に[[メタノール]]、[[一酸化炭素]]を付加させて[[プロピオン酸メチル]]とし、[[ホルムアルデヒド]]と脱水縮合させてメタクリル酸メチルを得る。
 
:<cechem>CH2={CH2} + {CH3OH} + {CO} -> CH3CH2COOCH3</cechem>
:<cechem>{CH3CH2COOCH3} + {HCHO} -> {CH3C(=CH2)COOCH3} + {H2O}</cechem>
 
== 製造者 ==
239,943

回編集