「連歌」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎関連文献: 概説書です)
'''連歌'''(れんが)は、中国の聯句の形式を日本の詩歌に応用して成立した多人数によって定数歌を詠む詠歌方法の一種<ref name="kkr00019" />。
{{出典の明記|date=2017年10月}}
'''連歌'''(れんが)は、[[鎌倉時代]]ごろから興り、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]から[[室町時代]]にかけて大成された、[[日本]]の伝統的な詩形の一種。多人数による連作形式を取りつつも、厳密な[[ルール]](式目)を基にして全体的な構造を持つ。[[和歌]]のつよい影響のもとに成立し、後に[[俳諧|俳諧の連歌]]や[[発句]]([[俳句]])がここから派生している。
 
== 概要 ==
*[[北村季吟]]([[1625年]] - [[1705年]])
</div>{{clear|left}}
 
== 探題と続歌 ==
連歌とは詠歌方法が異なるが複数人で一つの定数歌を詠む形式などが共通する詠歌方法に探題、続歌がある<ref name="kkr00019">{{Cite web |author=小山 順子|url=https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/137368/1/kkr00019_036.pdf|title=「新古今集詩連歌」考察 |publisher=京都大学学術情報リポジトリ |accessdate=2020-05-11}}</ref>。
 
== 脚注 ==
* [[miwaのオールナイトニッポン]] - 「下の句パラダイス」なる連歌コーナーあり。リスナーから上の句を募集し、別リスナーが下の句を投稿して[[短歌]]にする。
 
 
{{Japan-culture-stub}}
{{lit-stub}}
{{デフォルトソート:れんか}}
[[Category:和歌]]
18

回編集