「停滞前線」の版間の差分

m
m (→‎特徴: 南側の寒気 → 南側の暖気)
停滞前線は、季節性が強いのが特徴である。日本付近では、主要な2つのほか、いくつか確認されている。
 
* ;[[梅雨前線]]
:[[梅雨]]に発生する停滞前線。5月に[[華南]]や[[南シナ海]]付近で発生し、[[中国]]から[[日本]]付近を北上、8月には[[朝鮮半島]]北部や[[北海道]]付近に達して消滅する。[[亜熱帯前線]](熱帯=夏の空気と温帯=春秋の空気の境目)の1つ。時に[[集中豪雨]]や大雨となることがある。
 
* ;[[秋雨前線]]
:[[秋雨]]に発生する停滞前線。9月に[[東日本]]付近に発生して南下、10月に日本の南東沖に達して消滅する。亜熱帯前線の1つ。[[台風]]に影響して大雨となる場合がある。
 
*;春雨前線([[菜種梅雨]]の停滞前線)
:3月 - 4月ごろに発生することがある停滞前線。偏西風の大蛇行=[[ブロッキング (気象)|ブロッキング]]によるもので、持続期間は数日程度。
 
*;[[山茶花梅雨]]の停滞前線
:11月 - 12月ごろに発生することがある停滞前線。偏西風の大蛇行=[[ブロッキング (気象)|ブロッキング]]によるもので、持続期間は数日程度。