「今夜は最高!」の版間の差分

m (→‎放送時間・ネット局: 遅れ日数の除去。)
なお、タモリの座付き作家であり、当番組でも構成を担当した[[高平哲郎]]は番組終了に関するwikipediaの本項目に言及しており、「''スポンサーであるパイオニアの一部社員や番組スタッフから「もうタモリだけじゃ(視聴率の)数字は稼げないだろう?」という発言が飛び出し、これを耳にしたタモリが激怒して「だったらこっちから願い下げだ!」と揉めてしまったために終了した''」と書かれていたことを全面的に否定している。
 
本番組終了後、タモリが日本テレビ系列のレギュラー番組を持つことはなく、本番組終了から30年近く経った現在においても、タモリは日本テレビ系列の番組に数える程度しか出演していない。 
 
== スタッフ ==