「北九州市歌」の版間の差分

→‎解説: リンク調整
m (リダイレクトの所属カテゴリの一部変更と追加)
(→‎解説: リンク調整)
 
== 解説 ==
[[1963年]]([[昭和]]38年)の5市合併を記念して歌詞の一般公募が実施され、北九州市発足から2か月後かつ[[九州]]で最初の政令指定都市となった翌日の[[4月2日]]に制定された<ref name="ndlref">[http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000058446 門司・小倉・若松・八幡・戸畑の旧五市の市歌と北九州市歌ができたのはいつですか? 歌詞が載っている本も紹介してください。]([[国立国会図書館]]・レファレンス協同データベース)</ref>。歌詞は全3番で構成されているが、地域の情景は1番の[[玄界灘|玄海]]と2番の[[日本製鉄九州製鉄所八幡地区|八幡製鐵所]]や[[1962年|前年]]に開通した[[若戸大橋]]に集約されており[[関門海峡]]や[[小倉城]]などは取り上げられていない。
 
北九州市に関連する楽曲としては他に[[1978年]](昭和53年)の合併15周年を記念して作成された[[合唱|合唱組曲]]「北九州」(作詞・栗原一登、作曲・[[團伊玖磨]])と、[[1981年]](昭和56年)に北九州市民憲章制定を記念し理念普及推進活動の一環として作成された市民愛唱歌「[[緑のまちにしませんか]]」(作詞・山田正文、作曲・中村清治)がある。