「徳原旅行」の版間の差分

m
2400:2410:86A1:2600:6064:E477:F376:7EEC (会話) による版を Bukeshothut による版へ巻き戻し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
m (2400:2410:86A1:2600:6064:E477:F376:7EEC (会話) による版を Bukeshothut による版へ巻き戻し)
タグ: 巻き戻し
 
趣味はサッカー、走高跳び(陸上部で一番)。特技は裁縫(エリを付け替える、ズボンの丈詰め、シャツの着丈詰、ジーンズのウエスト詰め。[[ジャパネーズ]]・アチャの衣装も作成したことがある。
 
カポエラの達人でもあり、学生時代に40人のチンピラに囲まれた際に得意のカポエラで一掃したことから地元では「人間ベイブレード」の異名を付けられた。
 
父親は琉球空手の達人であり、若い頃はかの大山倍達が唯一認めた男として界隈では有名だった。
母親はクレー射撃の達人であり10キロ以上離れた場所からリスの目玉を撃ち抜くほどの腕前である。
姉はパイオニアである。ただなんのパイオニアであるかは謎である。
 
座右の銘は「心頭滅却すれば火もまた涼し」
 
口癖は「Mサイズは逃げ」
 
好きな芸能人は周富徳
 
得意料理はおじや。中学時代は腹を減らした同級生たちに週に1度炊き出しを行い、おじやを提供していた。
 
== 芸風 ==
音響を使った一人コントを得意とする。音響内の声はすべて徳原の声を変換して編集したもの。老若男女問わず、さまざまな声を使い分けている。
また彼の声には特殊な音波が混じっており、イルカと会話ができる他、本気を出せばビール瓶を声だけで砕くことも可能。また声の周波数は美空ひばりと全く一緒。声をカッター状にして攻撃する「ボイスブレイド」という必殺技がある。
 
== 戦績 ==
64,176

回編集