「関屋智義」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
|経歴 =
* [[愛知中学校・高等学校|愛知高等学校]]
* [[横浜DeNAベイスターズ|横浜ベイスターズ]] (1998 - 2002)
* [[福岡ソフトバンクホークス|福岡ダイエーホークス]] (2003)
* [[佐川急便]]中京支社軟式野球部
* [[ニッセイ]]軟式野球部
 
== 来歴・人物 ==
[[愛知中学校・高等学校|愛知高等学校]]から[[1997年]]の[[1997年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト3位で、会議]]にて[[横浜DeNAベイスターズ|横浜ベイスターズ]]から3位指名を受け入団。
 
入団当初は[[投手]]で、入団2年目の[[{{by|1999年]]}}には[[横浜DeNAベイスターズ (ファーム)|二軍]]([[イースタン・リーグ]])で4勝(6敗)をげ、将来の主力投手として期待されていた。二軍のチーム名が「湘南シーレックス」になった{{by|2000年}}にはオープン戦の開幕投手に指名されたが、重度の腰痛でシーズンを棒に振ってしまい、オフに手術した。{{by|2001年}}のシーズン終盤に投手として復帰したが、{{by|2002年}}9月に内野手転向([[遊撃手]])。しかし、同年10月に戦力外通告を受けた。
 
[[2003年]]、その後は[[中日ドラゴンズ|中日]][[福岡ソフトバンクホークス|福岡ダイエーホークス]][[千葉ロッテマリーンズ|ロッテ]]のテストを受け、ダイエーのテストに合格・入団した。「野手転向したばかりでクビになるとは思わなかった。拾ってくれたダイエーに[[恩返し]]したい」とコメントを残している。しかし、{{by|2003年}}年8月の広島東洋カープ戦でホーム突入の際、靭帯断裂の大怪我を負う。10月にトレード要員であることを告げられ、そのまま[[自由契約]]になり現役引退<ref>[http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5102 球団事務所のゴミ箱に捨てたトライアウトの書類 関屋智義] - [[WEDGE]] 2015年6月25日付</ref>。
[[2000年]]にオープン戦の開幕投手に指名されながらも重度の腰痛でシーズンを棒に振ってしまい、オフに手術した。[[2001年]]のシーズン終盤に投手として復帰したが、[[2002年]]の9月に内野手転向([[遊撃手]])。しかし、同年10月に戦力外通告を受けた。
 
引退後、[[トヨタ自動車]]の営業、芸能事務所のマネージャーなどの仕事を経て、[[2006年]]に愛知県に帰郷し[[佐川急便]]に入社。中京支社軟式野球部で内野手として2年間プレーし、[[天皇賜杯全日本軟式野球大会]]に出場した。その後[[2008年}]]から愛知県[[安城市]]の[[ニッセイ]]に転職、同社の軟式野球部でプレー。[[天皇賜杯全日本軟式野球大会]][[国民体育大会]]に出場し2008年の大分国体では同チームの準優勝に大きく貢献した。
[[2003年]]、[[中日ドラゴンズ|中日]]、[[福岡ソフトバンクホークス|ダイエー]]、[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテ]]のテストを受け、ダイエーのテストに合格・入団した。「野手転向したばかりでクビになるとは思わなかった。拾ってくれたダイエーに[[恩返し]]したい」とコメントを残している。しかし、同年8月の広島東洋カープ戦でホーム突入の際、靭帯断裂の大怪我を負う。10月にトレード要員であることを告げられ、そのまま[[自由契約]]になり現役引退<ref>[http://wedge.ismedia.jp/articles/-/5102 球団事務所のゴミ箱に捨てたトライアウトの書類 関屋智義] - [[WEDGE]] 2015年6月25日付</ref>。
 
引退後、[[トヨタ自動車]]の営業、芸能事務所のマネージャー等の仕事を経て、[[2006年]]に愛知県に帰郷し[[佐川急便]]に入社。中京支社軟式野球部で内野手として2年間プレーし、[[天皇賜杯全日本軟式野球大会]]に出場した。その後[[2008年]]から愛知県[[安城市]]の[[ニッセイ]]に転職、同社の軟式野球部でプレー。[[天皇賜杯全日本軟式野球大会]][[国民体育大会]]に出場し2008年の大分国体では同チームの準優勝に大きく貢献した。
 
[[2012年]]シーズン限りで同社の野球部を引退、現在は社業に就いている。