「アルミホイール」の版間の差分

「ばね」
(「ばね」)
 
 
== 概要 ==
自動車黎明期からのホイール主構成材である[[鋼]]に替え、より[[比強度]]に優れるアルミニウム合金を多用することで理論上鋼製と同強度で軽量に仕上げられる。これにより回転慣性重量([[慣性モーメント]])と[[ジャイロ効果]]、「バネ[[ばね下重量]]」([[サスペンション]]のスプリングに荷重していない部分。ホイール、[[ブレーキ]]、サスペンションアームなどの合計質量)を低減し、加減速と[[操舵]]の反応、路面追従性が向上する。
 
しかし、アルミニウム合金は鋼よりも比強度が高いものの[[疲労限度]]がない(鋼は疲労限度がある)ことにより、[[応力]]を加え続ければ無限に強度低下を起こす。このため長期間の運用を前提とする[[乗用車]]へ適用する場合は、強度に相当な余裕をもって設計しなければならず、スチールホイールと比べて、重量による利点は思われているより小さい。自動車メーカー純正のアルミホイールなどは、[[安全率]]を大きくとっているためにスチールホイールより重いこともある<ref>例えば、[[スズキ・スイフト]]の場合、純正の15X5.5JJ +45スチールホイール(ホイルキャップ付)の質量は一本あたり6.9 [[キログラム|kg]]であるのに対して、純正の同サイズのアルミホイールの質量は一本あたり8.2 kgである。</ref>。自動車メーカーがロードホイール素材にアルミニウム合金を用いる主な理由は、鋳造製法による多様な造形の容易さである。
 
=== 超軽量ホイールのデメリット ===
軽いホイールは前出のアルミホイールのメリット同様、軽量化によるバネばね下重量の低減によって、運動性能の向上、ハンドリング性能の向上、路面追従性の向上や燃費の改善等が一般に期待できるものの、反面サスペンションの動きが活発化することにより、サスペンションの[[ばね定数]]と[[ショックアブソーバー|ダンピング]]特性を軽量ホイールに合わせて調整、または変更しないかぎり、乗り心地は悪化する場合がある。特にエアボリュームの少ない低扁平タイヤを装着した場合などに細かな振動を過剰に拾って素早い上下動をするようになり、サスペンションの動きが追いつかず[[乗り物酔い]]を招く。ホイールの減衰特性が大きく変化した場合はロードノイズ、パターンノイズも伝わりやすくなるため、静粛性も悪化する。
レース用などの超軽量ホイールでは耐久性や強度(特に衝撃や横軸からのモーメントに対する強度)が弱くなる点<ref>サーキット向けを謳った極端な超軽量ホイールの場合、[[マグネシウムホイール]]同様に走行中に縁石に乗り上げるなどの強い衝撃が加わった際に破損する危険性がある。[http://www.youtube.com/watch?v=jsJzuzhzu6M 言葉にできない - YouTube]の場合、サーキットで通常の走行を行っている際にハブボルト近辺からホイールが割れ、ホイール全体がタイヤごと外れてしまっている。</ref>が挙げられる。よって、段差が多い一般路面には不向きとされる。