「イナンナ」の版間の差分

=== ウルクの大杯 ===
高さ1m強、[[石灰岩]]で造られた大杯。ドイツ隊によって発見され、[[イラク]]博物館に展示されていた<ref>前川和也『図説メソポタミア文明』p.6</ref>。最上段には都市の支配者が最高神イナンナに献納品を携え訪れている図像が描かれ、最下段には[[チグリス]]と[[ユーフラテス]]が、その上に主要作物、羊のペア、さらに逆方向を向く裸の男たちが描かれている<ref>前川和也『図説メソポタミア文明』p.8</ref>。図像はイナンナと[[ドゥムジ]]の「[[聖婚]]」を示し、当時の人々が[[豊穣]]を願う性的合一の[[儀式]]を国家祭儀にまで高めていた様子を教えている<ref>前川和也『図説メソポタミア文明』p.9</ref>。
 
=== アラッタ王国 ===
叙事詩『エンメルカルとアラッタの領主』において、アラッタ王国(場所は不明。[[エラム]]か[[アルメニア]]のあたりと推測されている)が、イナンナから王権を授けられ、ウルクほど立派な神殿/寺院ではないが、イナンナを信仰し祀っていたことがわかっている。このアラッタ王国をエデンに比定する説がある。また、イナンナ信仰の起源の地である可能性もある。
 
== 脚注 ==