「昆虫成長制御剤」の版間の差分

編集の要約なし
m (JR1NVB がページ「幼虫発育阻害薬」を「昆虫成長阻害薬」に移動しました: IGR が、日本語では昆虫成長阻害薬と呼ばれているため。)
'''発育成長阻害薬'''(ようこんちゅうはつちょうそがいやく、{{lang-en|insect growth regulator, '''IGR'''}})とは、[[昆虫]]の[[成虫]]には影響を与えないが、[[変態]]させず[[卵]]および[[幼虫]]を死滅させる効果を有する薬物の総称。[[キチン質]]合成阻害薬、[[昆虫幼若ホルモン]]薬などが存在する。[[哺乳類]]に対する[[毒性]]は弱い。
 
== 関連項目 ==
* [[ルフェヌロン]]
* [[テフルベンズロン]]
* [[メトプレン]]
 
== 参考文献 ==
* 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018
 
{{DEFAULTSORT:ようこんちゆうはつちようそかいやく}}
[[Category:薬学]]
[[Category:殺虫剤]]
 
{{Pharm-stub}}
{{Agri-stub}}