「若木」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{Otheruses|中国の伝承及びその巨木|その他の用法|若木 (曖昧さ回避)}}
'''若木'''(じゃくぼく)は[[中国]]の伝説で西のはてにあるとされる巨木である。
 
『[[山海経]]』(大荒北経)には赤い木で、青い葉・赤い華であると記されており、[[郭璞]]の注による増補では[[崑崙]]の西にあたる西極(西の果て)に立っている<ref>『山海経 中国古代の神話世界』 高馬三良 訳 [[平凡社]]〈[[平凡社ライブラリー]]〉 1994年 {{ISBN2| 4582760341}} 172頁</ref>とも書かれている。『[[淮南子]]』形訓では、[[建木]]からみて西に生えており、枝には10個の太陽かついて地を照らしている<ref>『淮南子』形訓「若木在建木西,末有十日,其華照下地」</ref>とある。
 
建木や、東のはてに立っている[[扶桑]]と共に、世界を構成する重要な役割をもつ巨樹・神樹と見られていたと現代では考えられている。中国の[[三星堆遺跡]]から出土した青銅器([[青銅神樹]])は、この若木をかたどっているのだろうと考察されている<ref>『三星堆 中国5000年の謎・驚異の仮面王国』 [[毎日新聞社]]、[[テレビ朝日]] 1998年 94-95頁、218頁 </ref><ref>[[萩原秀三郎]] 『稲と鳥と太陽の道』 [[大修館書店]] 1996年 {{ISBN2| 4-469-23127-4}} 63-65頁</ref>。
匿名利用者