「銃」の版間の差分

タグ: コメントアウト
=== 銃の各部 ===
{{See also|銃の部品}}
{{出典の明記|section=1|date=2020年5月}}
 
* 銃身(バレル) - 発射された銃弾が通る管状の部品。腔綫(ライフリング)が施される物が多い。また弾倉回転式(リボルバー)のものは、銃身とシリンダーの間には少しだけ隙間がある(鉛などの弾丸を使用したときに削れてしまい、全弾撃ち終る前にシリンダーが銃身との間の鉛のくずで動かなくなってしまうのを防ぐため。)この隙間を、シリンダーギャップと呼び、大きければ大きいほど銃口初速が低下する。
** 銃口(マズル) - 銃身の筒先で、銃弾が飛び出す部分。反動を軽減するために穴を空けたものを銃口制退器([[マズルブレーキ]])と呼び、発砲炎を消すため、または少なくさせるためのものを銃口消炎器([[フラッシュサプレッサー]])と呼ぶ。
** 腔綫([[ライフリング]]) - 銃身の腔内に施される、螺旋状の溝。銃弾を回転させ、精度を増す作用を持つ([[ジャイロ効果]])。
* 薬室(チェンバー、チャンバーなど) - 遊筒により運ばれた銃弾が詰められる部分で、銃身の後端にあたる。銃身よりも直径が大きく薬莢の厚さくらい広く作られている。この直径と薬莢の直径の差をチェーギャップという。弾倉回転式銃ではシリンダー内の実包が収まる部分を言う。
* 遊筒([[ボルト (銃)|ボルト]]) - 薬室の後ろにある可動部品で、機械的構造や強力なスプリングで銃身後端や機関部と組合わさり高圧に耐える閉鎖機構を構成する。銃弾を装填したり、排出する機構を兼ねていることが多い。
* 照準具([[照準器|サイト]]) - 照準をつけるための部品。照準具のうち、銃の前方にあるものを照星(フロントサイト)、後方にあるものを照門(リアサイト)という。クレー射撃などに用いられる散弾銃には照門が存在せず、銃身上の平面部と射手の目がその代わりとなる。