「スポーツショー行進曲」の版間の差分

編集の要約なし
m (本文を最新の内容に微修正。)
 
 
== 解説 ==
[[NHKプロ野球]]や[[選抜高等学校野球大会]]、[[全国高等学校野球選手権大会]]など、[[日本放送協会]](NHK)の各放送波で放送されるスポーツ中継番組(プロ・アマ無関係)のオープニングテーマ曲として使用されている。相撲・[[サッカー]]・日本のゴルフ<ref>[[日本ゴルフツアー選手権]]、[[日本シニアオープンゴルフ選手権競技|日本シニアオープンゴルフ選手権]]、[[日本女子オープンゴルフ選手権競技|日本女子オープンゴルフ選手権]]、[[日本オープンゴルフ選手権競技|日本オープンゴルフ選手権]]</ref>・[[近代オリンピック|オリンピック]]や[[北米4大プロスポーツリーグ]]([[メジャーリーグ中継_(NHK)|MLB]]・[[NBA中継_(NHK)|NBA]]・[[NFL中継_(NHK)|NFL]]・[[NHL]])の中継は別の楽曲が使用される(例として、[[大相撲中継]]では寄せ太鼓の音、日本のゴルフ中継ではKAMEN&[[布袋寅泰|HOTEI]]のギターコンチェルト第3楽章)。2010年代頃から甲子園大会のテレビ中継ではオープニングが原則としてタイトル表示のみとなり、高校野球中継で本曲が使用される機会は減少している。一般では、学校の[[運動会]]の入退場曲など、行進曲として使われることもある。
 
演奏時間が約17秒(前奏なし)と約25秒(前奏付き)の演奏がある。ラジオの場合は通常あまりそ放送で使用さを気にす必要ない2種類であるが、テレビフルバージョンとして1分57秒場合は曲に合わせものも存在し画面をどう創か、重要な確認事項であった
 
[[1995年]]にNHKのロゴマークが「[[三つのたまご]]」に変更されたのに合わせて『スポーツショー行進曲』もリニューアルされることになり、当時[[NHKプロ野球]]のテーマ曲や[[NHKスペシャル]]の番組楽曲などを手掛けていた[[篠原敬介]]が編曲を行い、[[ステレオ]]音声で再[[録音]]され、[[2020年]]現在も同バージョンが使用されている。篠原のバージョンは[[テンポ]]もそれまでのものに比べてやや速くなった(編曲・[[篠原敬介]])。またり、中盤のパートは『[[テレビスポーツ教室]]』のテーマ曲(1970年代後半から80年代頃まで、スポーツショー行進曲の前奏なし版に引き続いて流れていた曲)をアレンジしたものが置かれた。また、篠原のバージョンは[[ハ長調]]であるが、リニューアル以前は[[ロ長調]]で、[[1977年]]頃までは[[変イ長調]]で演奏されており、再録音のびにキーが上げられているのが、この曲の大きな特徴といえる
通常、放送で使用されるのは上記の2種類であるが、フルバージョンとして1分57秒のものも存在している。
 
[[1995年]]にNHKのロゴマークが「[[三つのたまご]]」に変更されたのに合わせて『スポーツショー行進曲』もリニューアルされることになり、[[ステレオ]]音声で再[[録音]]され、[[テンポ]]もそれまでのものに比べてやや速くなった(編曲・[[篠原敬介]])。また中盤のパートは『[[テレビスポーツ教室]]』のテーマ曲(1970年代後半から80年代頃まで、スポーツショー行進曲の前奏なし版に引き続いて流れていた曲)をアレンジしたものに変更された。
 
現在放送されている版は[[ハ長調]]であるが、リニューアル以前は[[変ロ長調]]であった。さらに古く([[1977年]]頃まで)は[[変イ長調]]で演奏されており、再録音のたびにキーが上げられているのが、この曲の大きな特徴といえる。
 
また、最近は小学校の運動会の入退場曲として使われることもある。
 
== レコード ==