「柔道」の版間の差分

重複除去など
(Cite bookにdateなど)
(重複除去など)
 
=== 学校体育と柔道 ===
日本では[[クラブ活動|部活動]]としてほとんどの[[中学校]]、[[高等学校]]多くの[[大学]]に「柔道部」があり、[[中学校]]、[[高等学校]]で学習指導要領に沿った形で生徒の自主的、自発的な参加による課外活動の一環としての部活動が行われている。警察や社会体育中心にやってきた日本の柔道だが20世紀終盤までに男子柔道の主力選手はこの学校体育の大学での柔道家が中心となっており、日本以外への普及活動、柔道競技の近代化も大学柔道の柔道家が中心になって行っていたと彼らは自負していた。彼らは社会体育勢が中心の全柔連のやり方に不満を持つようになった。20世紀終盤に起きた講道館・全柔連対[[全日本学生柔道連盟]](学柔連)の内紛もこういった日本の大学柔道界にたまった不満も背景にあった<ref name=デス>{{Cite book|和書|author=高山俊之(聞き手・構成)|title=柔道界のデスマッチ全柔連VS学柔連|others=小野哲也(話し手) |publisher =[[三一書房]]|isbn=|quote=|origdate=1988-05-15|pages=46|date=1988-05-15}}</ref>。
 
=== 社会体育としての柔道 ===
固技(かためわざ)には[[抑込技]]、[[絞め技|絞技]]、[[関節技]]がある。講道館柔道では[[固技]]が全部で32本あり、[[抑込技]](おさえこみわざ)10本、[[絞技]](しめわざ)12本、[[関節技]](かんせつわざ)10本である。IJFルールでは一部異なるものがある。
主に[[寝技]]で用いることが多いが、立ち姿勢や膝を突いた姿勢でも用いられ、固技のすべてが寝技の範疇に入るわけではない。(寝技と固技は互いに重なり合う部分が大きいとは言える。)
固技のうち[[関節技]]は、肘以外はあまり採用されず、20世紀までに乱取や試合では肘以外に関節技をほどこすことは反則となった。立ち姿勢での関節技もあまり行われておらず、国際規定では2018年に禁止された。抑込技は、寝技の場面での攻防を続けるために、うつ伏せでなく、仰向けに抑えるのが特徴である。
絞技は、[[天神真楊流]]から多様な方法が伝わっており、柔道を首を絞めることを許すという珍しいルールを持った競技にしている。
創立当初、[[寝技]]はあまり重視されておらず、草創期に他流柔術家たちの寝技への対処に苦しめられた歴史がある。
==== 変遷 ====
* [[1885年]](明治18年)-[[1888年]](明治21年) - [[警視庁]]において[[弥生慰霊祭記念柔道剣道試合|警視庁武術大会]]が行われる。講道館は他流柔術と戦う機会を得、圧勝したと伝えられる<ref name=武術大会/>。
* [[1956年]] - 第1回[[世界柔道選手権大会]]が[[東京]]の[[蔵前国技館]]で開催される。
* [[1961年]](昭和36年) - IJF体重別制。4階級。
* [[1964年]] - [[1964年東京オリンピック|東京オリンピック]]で正式競技となる。
* [[1998年]](平成10年) - 全日本女子柔道ジュニア選手権大会始まる。(講道館)
* [[1999年]](平成11年) - 全日本学生柔道体重別団体選手権大会開催。初の体重別団体戦開始。
* [[2009年]](平成21年) - [[IJFグランプリシリーズ]]及び[[ランキング制 (柔道)|世界ランキング制度]]が始まる
* [[2009年]](平成21年) - 第1回学生柔道女子選抜体重別団体優勝大会開催。
* [[2009年]](平成21年) - [[IJFグランプリシリーズ]]及び[[ランキング制 (柔道)|世界ランキング制度]]が始まる
* [[2009年]](平成21年) - 第1回学生柔道女子選抜体重別団体優勝大会開催。
 
=== 試合 ===
[[試合]]は立ち姿勢から始まる(講10条)。[[一本勝負]]であり(講9条)、「[[一本]]」の場合残り時間にかかわらずその時点で試合は終了する。2度の「[[技あり]]」、「技あり」と相手の反則「警告」(講)(3度の「指導」(国))を合わせた「総合勝ち」の場合も「一本」と同等に扱う。「技あり」2回の総合勝ちによる一本の場合は通常「合わせて一本」と主審がコールする。試合時間内に両者とも「一本」に至らない場合には、それまでの技のスコアの差で「優勢勝ち」を決する。
:「技あり」と相手の反則「警告」(講)を合わせた「総合勝ち」の場合も「一本」と同等に扱う。(講)
 
:「優勢勝ち」の優劣の差には「[[柔道#禁止事項に対する罰則|指導]]」による得点も加味される。(講)
試合時間内に両者とも「一本」に至らない場合には、それまでの技の優劣の差で「[[優勢勝ち]]」を決する。この優劣の差には「[[柔道#禁止事項に対する罰則|指導]]」による得点も加味される。規定時間終了時に両者の技に優劣の差がない場合には、[[ゴールデンスコア方式]]として、試合を延長し一方が有効な技を決めるか相手に宣告された反則(指導2回以上)による得点が入った時点で試合終了となる(ただし講、国ともに、[[ゴールデンスコア方式]]で行うとは明記されていない)。それでもなお時間切れになった場合は主審および副審の「[[判定]]」により「優勢勝ち」が告げられる。大会の規定によっては[[引き分け]]とする場合もある。
:規定時間終了時に両者の技にスコアの差がない場合には、[[ゴールデンスコア方式]]として、試合を延長し一方がスコアをとるか反則負けとなった時点で試合終了となる。(国)
:規定時間終了時に両者の技にスコアの差がない場合には、審判3人による旗判定で勝敗を決する。(講)
 
=== 試合時間 ===